ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


Little Glee Monsterがアルバム初の1位獲得

(2019/01/23)

CDアルバムで初の1位を獲得したLittle Glee Monsterが合算アルバムでも1位



 1/28付【合算アルバム】1位は、Little Glee Monsterの4枚目のAL『FLAVA』(週間55,382PT/内訳CD: 52,321PT、DGAL: 2,528PT、ST:533PT)。PTの94.5%を締めるCD売上では、自身初の1位を獲得した。アルバムリード曲となる新作「恋を焦らず」をはじめ、「コカ・コーラ」イメージソング「世界はあなたに笑いかけている」など全12曲を収録。来月2月5日、6日には、2度目の日本武道館ライブ『Little Glee Monster Live in BUDOKAN 2019・Calling Over!!!!!』を開催する。



 3位は4人組ミクスチャーロックバンド・King GnuのメジャーデビューAL『Sympa』(週間20,810PT/内訳CD:17,331PT、DGAL: 2,425PT、ST:1,054PT)。PTの8割はCD売上だが、DL、STともにTOP5入りしている。ブレイク必至と注目を集めてきた同バンドは、デビュー作でそのポテンシャルの高さを見せつけた。


 
 5位は星野源『POP VIRUS』(週間15,250PT/内訳CD:12,213PT、DGAL:3,037PT)。発売週のPTの約9割はCD売上が占めた。今週付ではCD:デジタルの比率は約8:2と、依然としてCDの売上が高い。

V6がCDセールスのみで合算ランキング1位



 【合算シングル】は、V6の最新作「Super Powers/Right Now」(週間100,010PT)がCD売上(3形態/10.0万枚)のみで1位となった。CDでの1位は通作30作目となる。本作は、現在放送中のCX系人気TVアニメ『ONE PIECE』主題歌。2位は前週2位の米津玄師「Lemon」(週間34,000PT)がキープ。


 
 3位は、宇多田ヒカル「Face My Fears」(週間33,462PT/内訳 CD:12,732PT、DGSG(単曲):9,296PT、DGSG(バンドル):9,081PT、ST:2,352PT)。ダウンロード、ストリーミングに加え、11年ぶり22枚目のCDシングルもリリースしており、それぞれバランスよく売り上げている(表参照)。同作は気ゲーム『KINGDOM HEARTSV』のOPテーマ。発売前から、同ゲームのファンであり、以前から親交のあったエレクトロミュージシャン・スクリレックスとのコラボ実現も話題を集めていた。CDには表題曲とEDテーマ「誓い」に加え、各曲の英語版も収録されている。

 4位は前週1位のAimer「I beg you/花びらたちのマーチ/Sailing」(週間33,455PT/内訳 CD:14,593PT、DGSG(単曲):15,960PT、DGSG(バンドル):2,092PT)。前週と比較して、CD:DLの売上比率は43.6%(前週45.3%):56.4%(同54.7%)と大きな変動はない。
5位は天月-あまつき-「恋人募集中 (仮)」(週間26,463PT)。PTの97.0%をCD売上が占めた。

Go to Page Top

Go to Page Top