ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


年間デジタルシングル(単曲) 2018年は米津玄師イヤーに

(2018/12/27)




 第1回目の発表となる「オリコン年間デジタルシングル(単曲)ランキング 2018」(集計期間:17.12/25付〜18.12/17付)で1位になったのは、期間内売上で179.7万DL(1,796,953DL)を記録した米津玄師「Lemon」だった。2/26付で初登場1位を獲得して以来1位を独走し、5/14付で同ランキング第1号となるミリオンを達成、その後も売上を伸ばして10/15付では初の150万DLを突破した。今年1月期のTBS系金曜ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろした本作は、大切な人を失った喪失感を美しくメロディーで歌い上げた切ないナンバー。ドラマの盛り上がりと共に売上を積み重ね、終了後もTVやCMなど様々なシーンで取り上げられ、人気が途切れることはなかった。それもあって、4/2付週間カラオケランキングで初の1位を獲得して以来1位を独走、「年間カラオケランキング 2018」でも1位を獲得。1年を通して聴かれて、歌われた曲となった。


 
 また、今年5月にHonda「JADE(ジェイド)」のCMソングに起用された「LOSER」も期間内売上38.3万DL(382,506DL)で4位となり、2作同時TOP5入りになっている。加えて、昨年8月に配信されたDAOKO×米津玄師名義による「打上花火」も期間内売上28.7万DL(286,771DL)で7位に。さらに「年間デジタルアルバムランキング」では、昨年11月に発売した『BOOTLEG』が期間内売上9.9万DL(98,787DL)で2位となり、まさに2018年は米津イヤーといった様相を見せた。



年間デジタルアルバムランキング 映画『グレイテスト・ショーマン』が1位



 「オリコン年間デジタルアルバムランキング 2018」(集計期間:17.12/25付〜18.12/17付)の1位になったのは、期間内売上11.3万DL/(113,097DL)を記録した、ヒュー・ジャックマン主演で今年世界的にヒットしたミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラック『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』だった。2月16日に公開された映画の大ヒットを受けて、2/26付週間1位となった本作は、それ以降もセールスを伸ばし、6週連続、通算8週にわたって1位となった。
 本作には、主人公P.T.バーナム役を務めたヒュー・ジャックマンをはじめ、ザック・エフロン、今年の『第90回アカデミー賞』で主題歌賞にノミネートされた「This Is Me」を歌ったキアラ・セトルら、実力派俳優たちが劇中で披露した楽曲の数々を収録。そのキアラ・セトルは、日本でも数々のTV番組で圧巻の歌声を披露し、今年9月にも再来日。音楽特番『ミュージックステーション ウルトラFES 2018』(テレビ朝日系)において、登美丘高校ダンス部と共演するなど話題を振りまいた。
 
 なおヒュー・ジャックマンは自身初となるワールドツアー『The Man. The Music. The Show』を来年5月より行うことを発表。ツアーでは『グレイテスト・ショーマン』からの楽曲も披露され、キアラ・セトルほか多数のゲスト出演も予定されている。

Go to Page Top

Go to Page Top