ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


星野源の最新ALが合算ALランキング1位

(2018/12/26)




 12/31付【合算アルバム】1位は、CDアルバム、デジタルアルバムの両ランキングで初登場1位を獲得した星野源の最新作『POP VIRUS』(週間303,963PT)。週間ポイントの内訳は、CDアルバム:27.8万PT、デジタルアルバム:2.6万PT。前作から3年ぶり、5作目のオリジナルアルバムとなる本作は、「恋」、「Family Song」、「アイデア」などのヒットシングルのほか新録8曲を含む全14曲が収録されている。なお星野は来年2019年2月2日より、京セラドーム大阪を皮切りに、自身初の5大ドームツアー『星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』』を全8公演で開催することが決定している。



 【合算シングル】は、KinKi Kidsの40作目のシングル「会いたい、会いたい、会えない。」が、CD売上のポイント(週間180,050PT)のみで1位を獲得した。2位の乃木坂46「ジコチューで行こう!」(週間29681PT)もCD売上がけん引した。3位の三浦大知「Bllizzard」(週間27207PT)は、CD売上に加え、配信SG、ストリーミングが好調でポイントを伸ばし、CD売上では4位だった順位を1つ上げた。



 7位Uru「プロローグ」(週間18578PT)は、配信SGが絶好調。主題歌となったTBS系火曜ドラマ『中学聖日記』最終回の好視聴率も影響して売上を伸ばし、前週の13位からついにTOP10入りとなった。



 今週は時節柄、クリスマスソングも5作ランクイン。17位のback number「クリスマスソング」(8004PT)を筆頭に、27位の山下達郎「クリスマス・イブ (30th ANNIVERSARY EDITION)」、(4681PT)、35位マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」、55位BoA「メリクリ」、75位ワム!「ラスト・クリスマス」がTOP100入りした。

 【合算シングル】TOP100に入った今週の新作18曲のうち、CD、配信、ストリーミング配信を行っているのは3曲のみ。CDとDL配信を行っているのが5曲、配信のみは7曲だった。



※ST=「ストリーミング」
※「週間デジタルストリーミングランキング」は、今年度2019年の集計開始となる今週「2018/12/24付」よりスタート。

Go to Page Top

Go to Page Top