ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


米津玄師シングル20万超えで初の1位獲得

(2018/11/06)

米津玄師初のシングル1位、配信では2度目の1、2フィニッシュ



 11/12付【CDSG】1位は、米津玄師の9作目のシングル「Flamingo/TEENAGE RIOT」(3形態/初週売上22.9万枚)。シングルでの1位は今作が初となった。3月に発売された前作「Lemon」の初動19.5万枚を上回る自己最高初動となった。また同週付の週間デジタルシングル(単曲)ランキングでも、「Flamingo」が初週売上7.0万DLで1位、「TEENAGE RIOT」』が同4.6万DLで2位となり、6/4付「Lemon」、「LOSER」以来、2度目の1、2フィニッシュとなった。2作が配信される前週は、「Lemon」を筆頭に12曲(総DL数5.8万)がTOP200内にランクインしていたが、発売後の今週は17曲(同21.4万DL)と大きく売上を伸ばしている。10月27日、28日に幕張メッセで『米津玄師 2018 LIVE / Flamingo』を開催して4万人を動員。年明け1月19日からは、自身の故郷である徳島県・アスティとくしまを皮切りに、自身初のアリーナツアー『米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃』を開催。シングル初回封入特典(全形態共通)として、同ツアーの先行抽選シリアルナンバーが封入されている(応募期間18年10月30日〜11月4日)。


米津玄師過去5作の売上動向


日韓女性12人組グループIZ*ONE(アイズワン)のデビューALが1位



 【CDAL】1位は、韓国Mnetの人気オーディション番組『PRODUCE101』とAKB48グループによるグローバルアイドル育成プロジェクト「PRODUCE48」から誕生した日韓女性12人組グループ、IZ*ONE(アイズワン)のデビューAL『COLOR*IZ』(輸入盤/初週売上1.2万枚)。また同週付週間デジタルアルバムランキングでも初週売上0.3万DLで1位となった。グループには、HKT48で活動していた宮脇咲良と矢吹奈子、AKB48の本田仁美が専任メンバーとして今後2年6ヶ月の間、グローバルアイドルとして活動を続けていく。本作には、AKB48のプロデューサー秋元康が作詞し、早川博隆が作曲した「好きになっちゃうだろう?」も収録されている。

Go to Page Top

Go to Page Top