ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


『下町ロケット』シリーズ最新刊初登場1位

(2018/10/05)

『下町ロケット』シリーズ最新刊が初登場1位



 10/8付【文庫】は、大田区の小さな町工場・佃製作所を舞台に、ものづくりにかける情熱を描いた、池井戸潤のヒットシリーズ『下町ロケット』の第4弾、『下町ロケット ヤタガラス』(小学館/週間売上4.4万部)が初登場で1位となった。池井戸作品としては、7月に発売された前作『下町ロケット ゴースト』に続き2作連続、通算6作目の文庫1位となった。本作は、『下町ロケット』では“宇宙”、『~ガウディ計画』では“人体”、『~ゴースト』では“農業”と各分野に挑戦してきた「宇宙から大地編」の完結版にあたる。またしても予期せぬトラブルで困難に見舞われた大田区の町工場「佃製作所」の佃航平社長はじめ社員たちが、意地とプライドをかけて新たなプロジェクトに立ち向かう姿を描く。10月14日より、TBS系日曜劇場『下町ロケット』」では、シリーズ第3弾『下町ロケット ゴースト』がドラマ化されることから、同作を含めた関連作にも、いっそうの注目が集まりそうだ。

実用的と話題の『自衛隊防災BOOK』が初のTOP10入り



 【BOOK】6位の『自衛隊防災BOOK』(マガジンハウス/週間売上1.7万部)は、前週11位から大きくジャンプアップ。危機管理のプロフェッショナルでもある自衛隊が持つ、災害時トラブルでのさまざまな対処法やテクニック、アイデアの中から、日常的に取り入れやすい方法を紹介。「地震発生時に真っ先にとるべき行動」、「発災時に子供や高齢者と避難する方法」、「シャツを浮き輪代わりにする方法」、「一人でけが人を運ぶ方法」、「遭難時、生存率がアップする方法」など、災害時に役立つ方法だけれはなく、「チカンを懐中電灯で撃退する方法」、「節水時にうまくシャワーを浴びる方法」など、日常生活でも活かせるテクニックを紹介している点も魅力。9月上旬に情報番組『ウェークアップ!ぷらす』(日本テレビ系)や『ノンストップ!』(フジテレビ系)で紹介されたことで売上に拍車がかかり、9月22日の『世界一受けたい授業 今日から変われる2時間SP』(日本テレビ系)で特集されたことにより、が大きく影響し、自己最高週間売上を記録しての初TOP10入りとなった。

Go to Page Top

Go to Page Top