ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


ロングセラー『大家さんと僕』50万部突破

(2018/08/31)

『大家さんと僕』自己最高週間売上で50万部突破



 【BOOK】2位は、カラテカ・・部太郎の『大家さんと僕』(新潮社/週間売上3.2万部)。17年10月に発売されて以来、自己最高週間売上を記録して、前週4位から順位をアップした。累積売上部数は50.7万部となった。ジャンル別「コミックエッセイ」では、18週連続、通算27週での1位となった。
 本作は、矢部と大家のおばあさん(88歳)との心温まるエピソード描いたコミックエッセイ。実話に基づくエピソードに、「心が温まる」と人気を呼んでロングセールスとなっていたところに、今年4月に漫画家以外で初となる第22回「手塚治虫文化賞 短編賞」を受賞したことで、セールスに拍車がかかり、「オリコン上半期BOOKランキング」の「タレント本ジャンル」で1位を獲得している。
 今春から『週刊新潮』で第2期連載もスタートしていたが、去る8月23日に矢部のTwitterで大家さんの訃報が発表され、最新号では、しばらくの間休載することが発表された。誌面では、「もう1冊出すなら次は賑やかなのがいい」という大家さんの希望を叶えるため、「もう一度作品と向き合いたい」という矢部の心情が、大家さんとの思い出と共に綴られている。

Go to Page Top

Go to Page Top