ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


話題のユニットKEN☆Tackeyデビュー作1位

(2018/07/25)

シングル1位は話題の新ユニット・KEN☆Tackeyのデビュー作



 7/30付【CDSG】1位は、三宅健(V6)と滝沢秀明(タッキー&翼)による新ユニット・KEN☆Tackeyのデビュー作「逆転ラバーズ」(3形態/初週売上10.4万枚)。KEN☆Tackeyは、滝沢が座長を務める『滝沢歌舞伎』に、三宅健が2016年から3年連続で出演したことをきっかけに結成された。表題曲がユニット名にちなみ『ケンタッキーフライドチキン』のCMソングに起用されている。サビの歌詞がユニット名に聞こえることや、MVのジャニーズJr.を含む総勢18名でのダンスパフォーマンス、ニワトリのとさかをモチーフにした振りなども話題となっている。通常盤のみ収録のカップリング曲「LOVE」は滝沢秀明が作曲、三宅健が作詞を担当した、『滝沢歌舞伎』でお馴染みの楽曲。今冬には、『滝沢歌舞伎2018』の映像化発売が決定。初の名古屋・御園座公演も収録される予定となっている。
 
KAT-TUN再始動後の初アルバムで10作連続首位



 【CDAL】1位は、約2年の充電期間を経て再始動したKAT-TUNの最新アルバム『CAST』(3形態/初週売上12.8万枚)。アルバム1位獲得は、1stアルバム『Best of KAT-TUN』(06年3月発売)から10作連続、通算10作目となり、「デビューからのアルバム連続1位獲得作品数」で歴代1位タイを記録した(再デビュー(グループからのソロデビュー等)による作品は除く)。本作の初週売上は、前作オリジナル盤『come Here』(14年6月発売)の初週売上7.5万枚を大きく上回る好スタートを切った。本作には、今年4月に発売された再始動第1弾シングル「Ask Yourself」(ドラマ『FINAL CUT』主題歌)を含む17曲を収録。で、続いて1位を記録した本作は、「Ask Yourself」を含む全17曲を収録。8月4日からは、8都市18公演を行う全国ツアーがスタートする。

Go to Page Top

Go to Page Top