ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


ユーミン、45周年記念ベストアルバム1位

(2018/04/17)

ユーミン、45周年記念ベストAL1位で前作ベストもTOP10に再浮上



 4/23付【CDAL】1位は、松任谷由実のデビュー45周年記念ベストAL『ユーミンからの、恋のうた。』(3形態/初週売上:10.8万枚)。アルバム1位獲得は、前作オリジナルアルバム『宇宙図書館』(16年11月発売)以来、1年5ヶ月ぶり。本作の1位で、威信が持つソロアーティスト歴代最多記録となる「アルバム1位獲得作品数」を通算24作(荒井由実名義含む)に更新した【※1】。本作に収録された45曲は、5年前に発売したベストAL『松任谷由実 40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。』(12年11月発売)には収録されていない楽曲で構成された、二部作の完結編。「純粋さを、捨てない。」、「 “私”で、生きてゆく。」、「旅を、やめない。」の3つのテーマに沿って各15曲が収録されている。特設サイトの直筆メッセージに「この歌たちは、人の営みの美しさと切なさ、この世の尊さと儚さの“讃美歌”だと思っています」という一文がある。とくにDISC3「AVALON」以降、その思いを強くする。前出の『〜 日本の恋と、ユーミンと。』も前週53位から今週8位に再浮上しており、2作同時TOP10入りとなった。【※1】グループを含めた全アーティストでは、B’zの28作に次ぐ歴代2位

シングル1位はNGT48「春はどこから来るのか?」



 【CDSG】1位は、NGT48の3rdSG「春はどこから来るのか?」(4形態/初週売上:10.9万枚)。昨年4月発売のデビュー作「青春時計」以来2作目のシングル1位となった。キャプテン・北原里英が参加する最後のシングルとなる。

米津玄師の「Lemon」が配信開始以来9週連続の1位

 【DGSG】は米津玄師の「Lemon」が2月12日配信開始以来9週目の1位(週間売上:3.3万DL/累積売上:91.1万DL)。2位は2週連続で配信限定の福山雅治「零 -ZERO-」(週間売上:2.0万DL)。劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』の主題歌だ。配信限定楽曲はTOP200内に24作がランクインしており、全体の約1割強を占める。今週初登場で最高位は、EXILE ATSUSHI「Just The Way You Are」(初週売上:8995DL)の2位。3位のTWICE「What is Love?」(同8993DL)とはわずか2DL差だった。同曲は韓国5thミニAL『What is Love?』のリード曲で、アルバムはCDALが2位(同2.9万枚)、DGALが3位(同3092DL)となった。そのほか、先般、日本公演を行ったブルーノ・マーズは最新作『24K Magic』をはじめ3作のアルバムが前週の倍の売上となりランクアップしている。

Go to Page Top

Go to Page Top