ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


グレイテスト・ショーマン関連作が絶好調

(2018/03/27)

『グレイテスト・ショーマン』『ドラえもん』『リメンバー・ミー』映画関連作人気高まる



 映画興行では春休み向けの新作映画が続々と公開され、『映画ドラえもん のび太の宝島』が興収30億円を突破。新シリーズの最高興収44.3億円をあげた前作『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』を超える勢いだ。その主題歌、星野源が歌うSG「ドラえもん」も、CDで17.1万枚、デジタルで12.9万DLのヒットとなっている。

 末次由紀の人気コミックを広瀬すず主演で実写映画化した『ちはやふる 結び』も好調だ。16年公開の「上の句」「下の句」は累計で興収28.5億円のヒットを記録。完結編となる本作は全国307スクリーンで公開され、前作超えが期待されている。その主題歌、Perfume「無限未来」はデジタルSGで3.9万DL。
 
 ピクサー・アニメの最新作『リメンバー・ミー』は第90回米アカデミー賞で「長編アニメーション映画賞」「主題歌賞」をダブル受賞した作品。.陽気でカラフルな「死者たちの世界」を舞台に家族の絆が描かれている。その日本版エンドソングを歌ったシシド・カフカ feat.東京スカパラダイスオーケストラの「リメンバー・ミー」はデジタルSGで1.4万DL、デジタルALも13位にランクイン。
 累計興収37億円を突破した『グレイテスト・ショーマン』は、デジタルSG2作がTOP50内にランクイン。デジタルALではサウンドトラックが6週連続1位で累積6.4万DL、CDアルバムは11.7万枚となっている。3月23日からは一部劇場で、特別バージョンが拍手・手拍子・発声OKのアンコール応援上映が行われている。

NEWSのアルバムが10作連続1位、シングルは男性7人組グループ・祭nine.が初の1位



 4/2付【アルバム】1位は、NEWSの9thアルバム『EPCOTIA』(2形態/初週売上11.7万枚)。今作でアルバム1位獲得は、1作目の『touch』(05年)から今作まで、ベスト盤を含めて10作連続となり、「アルバム1作目からの連続1位獲得作品数」でこれまで9作連続最多タイで並んでいたKAT-TUNを上回り、歴代単独1位になった。“ファンタジック”をキーワードとしたアルバムプロジェクト第2弾となる本作のテーマは“宇宙旅行”。3月31日の札幌公演を皮切りにアリーナツアー「NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA」を開催する(※再デビュー(グループからのソロデビュー等)による作品はのぞく)。

 【シングル】1位は名古屋発のエンターテインメント集団・BOYS AND MEN研究生から誕生した男性7人組グループ・祭nine.の2ndSG「HARE晴れカーニバル」(4形態/初週売上10.2万枚)。デビュー作の初週売上を0.2万枚上回り、自身初の1位獲得となった。

デジタルSGも好調な菅田将暉のデビューAL『PLAY』が2位

 【デジタルSG】1位【シングル】2位は、前週同様に米津玄師の先行配信SG「Lemon」(週間売上9.7万DL)、SG「Lemon」(3形態/週間売上4.0万枚)。デジタルSGは6週連続1位で累積売上78.3万DL とハイペースに推移中でリオン突破が見えてきた。CDSGも累積売上23.5万枚となった。
 菅田将暉が歌うドラマ『トドメの接吻(キス)』の主題歌「さよならエレジー」は【デジタルSG】では週間売上1.5万DLで5位(累積売上17.9万DL)。同曲や米津玄師+菅田将暉として大ヒット中の「灰色と青」(累積売上10.5万DL)などを収録した菅田の1stアルバム『PLAY』は、CDALが初週売上3.1万枚で2位、デジタルALが0.2万DLで3位となった。

Go to Page Top

Go to Page Top