ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット検証

(2013/01/28)

ドラマ、CMのヒット曲がセールスけん引 THE BAWDIESアルバム初TOP3入り


THE BAWDIESのアルバム『1-2-3』


THE BAWDIES

 THE BAWDIESが4枚目のアルバム『1-2-3』で、自己最高の初動売上2.7万枚を記録し1/28付アルバムランキング2位に初登場、アルバムで初TOP3入りを果たした。

 今回のアルバムには、12年2月に発売された「ROCK ME BABY」(累積2.7万枚)、同10月発売の「LEMONADE」(累積2.2万枚)といったヒットシングルも収録されており、注目度も高かった作品。ビクターエンタテインメント制作本部GMpV制作部宣伝グループ鈴木洋平氏は「CX系ドラマ『ハングリー!』の主題歌に起用された「ROCK ME BABY」、その半年後にリリースされた「PENTAX Q10」のテレビCMソングに起用された「LEMONADE」。この2枚のシングルが、多くのファンに存在感を示すことができました。特に後者はチャレンジングな勝負曲でしたがそれが新たなファン層開拓につながりました」と話す。

 前者は、これまでのTHE BAWDIESらしいナンバーでありながら、広くお茶の間に届けることができており、これによってバンドの認知度も向上。一方、根底にあるバンドらしさはそのままに新たなミディアムナンバーに挑戦した「LEMONADE」は、新規ファンの間口を広げることに成功した。なお、1月5日、7日には、東京と大阪で、メンバーも登場したアルバム先行試聴会を開催し、コアファンへのフォローも欠かさない。

 「今回のPR展開では、雑誌の表紙、音楽番組出演なども含め、これまでで最大限の動きをしました」という鈴木氏。バンドが“マス”へ向かった展開をしつつも、バンドらしさを決して見失わずに活動をサポート。それが今回のアルバム売上に結び付いた。なお、昨年は今回のアルバムの制作に時間を割いてきたというバンドだが、今年は、全都道府県をまわる、過去最大規模のツアー『1-2-3 TOUR 2013』を開催。精力的なライブ活動を展開していく。


●THE BAWDIES アルバム売上推移(13 年1/28付)
■関連記事
> ONE OK ROCK 精力的なライブ活動で売上上昇(12年1月21日号)
> 年末特番効果でアーティストのセールス伸長〜NHK紅白、レコ大(12年1月14日号)

つづきはこちら

Go to Page Top

Go to Page Top