ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット検証

(2012/12/24)

【ヒット検証】AI「ハピネス」 2年連続大型タイアップで年末の定番曲へ


「ハピネス」収録のアルバム『INDEPENDENT』


「ハピネス」収録2作品の売上動向

 11年11月に配信が開始され、同年12月にシングル「ハピネス/Letter In The Sky feat. The Jacksons」のリード曲として発表された「ハピネス」が再び注目を集めている。同楽曲は昨年、コカ・コーラとしては10年ぶりの日本人アーティストによるオリジナルキャンペーンソングとして書き下ろされ、TVCM等の露出もあり、配信を中心に話題となった。

 本年も2年連続でクリスマスキャンペーンソングに起用。新たに“スマイルバージョン”として制作されたCMは、神奈川・赤レンガ倉庫にファン1000人を集めて撮影。ファンとともに合唱するCM内容が共感を呼び、オンエアが開始された11月9日からは、レコチョクなどの配信サイトのダウンロード(DL)ランキングが急上昇した。「ハピネス」収録のアルバム『INDEPENDENT』(2月22日発売)は、11/19付で45位と再TOP100入りを果たし、配信では12月に累計150万DLを超えた。

 また、TV露出としては、12月11日にTBS系『火曜曲!』に出演。放送終了後にはiTunes StoreでのDLランキングで首位を獲得。さらに、15日からスタートした、フジテレビの夏の定番となっている社屋イベントの冬バージョン「お台場合衆国presents キラキラ WINTER LAND」のオープニングセレモニーに登場。当日のパフォーマンスの模様はニコニコ生放送でも生中継され、1万人を超えるファンが視聴した。

 楽曲の持っている力はもちろん、コカ・コーラのCMのイメージや、TV等での実際のパフォーマンス。これらがうまく組み合わさり、発表から1年を経て、ますます広がり始めているようだ。老若男女、誰もが口ずさめるような冬の定番曲として、さらに浸透していくか、期待される。


■関連記事
> 【トレンド検証】名曲“歌い継ぐ”カバーアルバム7作が同時TOP50入り(12年11月26日)
> 【トレンド検証】『ヱヴァ:Q』 新規ファン獲得3つのポイント(12年12月10日)



つづきはこちら

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top