ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット検証

(2012/12/17)

『ドクターX〜』高視聴率の要因は「アウトロー像」と「決めゼリフ」


『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』EX系 木曜21:00出演:米倉涼子ほか

 10月期クールのTVドラマでは、テレビ朝日系木曜21時に放送されたドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』が最も高い視聴率を記録している。1話目の視聴率が18.6%。2話目以降も17%台をキープし、最終回直前では、ついに20.1%を記録した。今年放映のプライム帯の連続ドラマでは、初の20%超えということもあり、各メディアで話題を集めている。同ドラマの高視聴率の理由には「アウトロー像」「決めゼリフ」という2つのポイントが挙げられる。

 同作は一流の技術を持ちながらも派遣として働くアウトローな女医の活躍を描いた物語で、主人公は病院の派閥やしきたりにとらわれず、困難な手術をこなす。本作を手がけたのは、内山聖子プロデューサー、脚本・中園ミホ氏。かつて『ナサケの女〜国税局査察官〜』でも米倉涼子を起用している。彼女の魅力を知り尽くしたスタッフによるオリジナルの物語は、1話完結という“入りやすさ”も手伝い、着実に視聴者を獲得していった。

 本誌が実施した「TVドラマ満足度調査」では、「ヒーローっぽくてかっこいい」(40代女性)、「スカッとする」(30代女性)、「ズケズケとものを言う主役の言動が楽しみ」(30代男性・大阪)など、キャラクター設定を評価する声が多く、「主演」の満足度も高い。また、「“私、失敗しないので”と言い切るのがいい」(30代女性・千葉)という声も多々見られ、米倉が演じるアウトロー的な役どころと、決めゼリフが高視聴率の要因にあるようだ。

 昨年の同時期に放映され、大ヒットした『家政婦のミタ』でも主人公の決めゼリフ「それはあなたが決めることです」などが話題を呼んだ。アウトロー的役どころも似ており、共通点が多いのは偶然だろうか。(※視聴率はビデオリサーチ)


■関連記事
> 超低予算を武器に面白さ追求 ドラマ『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』(12年11月)
> エンタテインメント業界専門誌「オリジナル コンフィデンス」概要



つづきはこちら

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top