ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > トレンド検証

(2012/11/26)

【トレンド検証】名曲を“歌い継ぐ”カバーアルバム7作が同時TOP50入り


BENIのカバーアルバム『COVER 2』


柴田淳のカバーアルバム『COVER 70’s』

 本誌11月12日号でも特集したカバーアルバム。同記事で藤倉尚氏(ユニバーサル ミュージック合同会社 副社長 兼 執行役員 邦楽統括)が「今やひとつのシーンであり、ジャンル化している」と語っているように、各社から多種多様なタイトルが発売され、ランキング上位にも複数作が毎週のように登場している。

 特に10月31日の柴田淳、樹里からん、ノラ・ジョーンズ、さらに11月7日のBENI、Ms.OOJA、吉川友、AHN MIKA など2週続けてリリースが重なったこともあり、11月12日付では、カバーアルバム7作品が同時TOP50入りする結果となった。

 その中でも一歩抜きんでる作品には共通点も見られる。たとえば柴田淳の『COVER 70’s』(累積1.5万枚、初登場7位)はすべて自身で選曲を行い、プロモーションに際しても、本人の意見を大きく反映させながら進められたという。

また、BENI『COVERS 2』でも収録13曲中、10曲の英語詞をBENI 本人が執筆するなど、積極的に制作に携わっている姿勢が見える。前述の藤倉氏はカバー作品のヒットのポイントの一つとして「原曲のアーティストを尊敬しつつ、勝負する覚悟が必要。それは譜割に忠実かどうか、という点にも表れる」と指摘する。つまり、アーティストはもちろん、スタッフ全員の、原曲を「歌い継ぐ」姿勢こそがヒットのカギとも言えそうだ。

 なお、ベスト盤『OPUS 〜 ALL TIME BEST 1975〜2012〜』が好セールス(累積売上49.2万枚)を続ける山下達郎の「クリスマス・イブ」は、BENI の『COVER 2』に英語詞バージョンが収録。さらに11月28日発売予定のRake のクリスマス・ソングを英語詞でカバーしたミニアルバム『I Sing a Song 〜 for Christmas 〜』にも収められている。

 山下達郎は、11月19日号で紹介したように、クリスマスに向けて、同楽曲をベスト盤のリードトラックとしたプロモーションを強化中。再び脚光が集まる中、こうして名曲とともに、様々なアーティストによるカバー作品が同時期に複数リリースされることは、より幅広い年齢層に新たな「音楽」を提供していくことにも繋がるだろう。その先には業界全体の活性化も見えてくる。

> “聴かせる”施策で柴田淳のカバーアルバム好調


■関連記事
> BENI、カバーアルバム第2弾がTOP5入り(12年11月19日)
> エンタテインメント業界専門誌「オリジナル コンフィデンス」概要



つづきはこちら

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top