ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > 特集

(2012/09/24)

ドラマでアンチヒーローから脱却『平清盛』


●平清盛のイメージ 『平家物語』などで長らくヒールとして描かれてきた人物だが、今回、ドラマで新たに光を当て躍動感溢れる人物像として描かれている点が奏功している。


●ドラマ『平清盛』を見たことによるイメージの変化
「とてもよくなった」、「ややよくなった」を合わせると51.0%と約半数以上の人が、「イメージがよくなった」と答えており、性別、年代別でみると、40代男女、30 代男性の割合が高い。

 『平家物語』ではヒール役だった平清盛に、新たな角度から光を当てることによって、躍動感溢れる魅力的な人物として描いたNHK大河ドラマ『平清盛』。ユーザーアンケートによると、視聴した後に、「平清盛」のイメージがアップした人は半数を超えていた。「歴史をもっと知りたいと思った」(女性/20代/秋田)と、平安時代の歴史や人物相関に興味を持つ声も多い。

 物語が複雑で、登場人物がかなり多いことを、視聴率苦戦の理由の1つに挙げる声もあるが、熱心な視聴者は清盛の功績は、有名な「保元の乱」「平治の乱」での活躍ではなく、厳島神社設営や宋との交易、瀬戸内海航路の開設、大輪田泊の修築などを挙げ、先見の明を持ちスケールの大きな実力者としての清盛を理解している。

 また、「時代考証などがしっかりしていて、観る前とではイメージが変わった」(男性/30代/熊本)、「時代考証上は問題ないが、一般受け、とくに女性受けしないのではないか」(男性/40代/大阪)という声も。そう考えると、難を言えば、解説の仕方にいっそうの工夫が必要であったのかもしれない。

 主演の松山ケンイチのイメージは清盛のイメージと重なる点が多く、概ね好評価を得ており、その他のキャストに関しては、前半を引っ張った平忠盛役の中井貴一、信西役の阿部サダヲ、玉木宏、松田翔太、伊東四朗らの評価が高い。新鮮なキャスティングに対する視聴者の反応も良く、終盤でどのキャストがどんな強い印象を残すのかは興味深いところだ。

 いずれにせよ、これまでの「アンチヒーロー」といった清盛へのイメージは払しょくされ、統率力のあるリーダー、時代を変革した人物として、再評価されていることは、今回のアンケート結果から見ても明らかだ。


■関連記事
> ヒット クリエイターファイル〜伝える力、伝わる感性〜概要(12年8月30日)
> 7月期ドラマ満足度1位〜『ビューティフルレイン』(12年9月10日)



つづきはこちら

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top