ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > OC EYES

(2012/09/10)

モデルや女優としても活躍“ドラムボーカリスト”シシド・カフカ、デビュー


シシド・カフカ


 ドラマーでありボーカリストでもある女性アーティスト、シシド・カフカが9月19日、マキシシングル「愛する覚悟」でデビューする。

 年齢、本名ともに非公開。メキシコ出身で、中学時代をアルゼンチンで過ごしたという帰国子女だ。14歳からドラムを始めて以降、瞬く間にその才能を開花させ、18歳でプロ入り。日本では、THE NEWSの三代目ドラマーとして活動した後、青木裕子やダイアモンド☆ユカイのサポートとしても活躍。一方で、モデルや役者の活動もスタートさせており、東京コレクションへの出演経験もある。

 すでに今年5月16日に、「デイドリームライダー」で配信デビューしており、そのコンベンションライブでは多くの関係者が詰めかけたなか、堂々としたパフォーマンスを見せた。その後、6月には日比谷野外音楽堂での「FES IWAO 2012 SPRING supported by TOHO gakuen」、8月には「SUMMER SONIC 2012」の大阪公演に出演するなど、大舞台も経験済みだ。

 見た目のインパクトが大きいだけにメディアからの注目度は高く、『日テレNEWS24』や『スッキリ!!』といった音楽以外のメディア露出も増えている。しかしテイチクエンタテインメントの宣伝部A&R2グループの古川健治氏は、「メディアでアピールをしつつも、音をきっちり伝えるためのライブ活動は欠かさない」と意気込む。今後の予定は、デビュー日にShibuya O-EASTでワンマンライブを行うほか、「FM802 MINAMI WHEEL 2012」や「水平線と花火と音楽3」へのフェス出演が決定している。





■関連記事
> 東宝がODSに本格参入 音楽ドキュメンタリーで狙う新規開拓
> “業界人”必読のエンタテインメント業界誌の概要



つづきはこちら

Go to Page Top

Go to Page Top