ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > OC TRENDWATCH

(2012/08/06)

CDの「デジパック」生産数2億枚突破作は、いきものがかりの『NEWTRAL』


12 年2 月に発売されたいきものがかりの『NEWTRAL』(デジパック)で2 億枚を達成


デジパックの国内生産第1 号となったウェス・モンゴメリーの『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』

 82 年のCD の発売開始から30 周年を迎えた本年。音楽・映像のCD、DVD、BD といったエンタテインメント・ソフト向けパッケージを企画・製造するジャパン・スリーブ(以下、JS 社)は、主力商品「デジパック」の累計生産枚数が製造から25 年の節目となる今年2 月末、いきものがかりのアルバム『NEWTRAL』で2 億枚を突破したことを発表した。

 デジパックは米Album GraphicInc. 社(以下、AGI 社)が86 年に開発したプラスチック製のトレーと紙製のカバー部を組み合わせた形態のCD ケースで、一般的なジュエルケースと比較して形状や加工などの自由度が高く、デザイン性、カスタマイズ性の高さが利点となっている。JS社は国内でいち早く着目し、AGI 社と独占的製造・販売契約を締結、87年1 月に国産1 号となる商品が発売された(ウェス・モンゴメリー『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』 ※ 現在発売されている再発盤は通常のジュエルケース)。当初は「ジュエルケースに比べて密閉性が劣る」「紙製のため新規性に欠ける」といった意見から、すぐには普及しなかったが、ポニーキャニオンがA&M のCTI レコードのシリーズで採用したことで、注目が高まり、国内制作のアルバムでも次々と採用されるようになっていった。

 デジパックの良さは、「デザインの自由度の高さ」であると、JS 社専務取締役・金井謙介氏は話す。「当社は「パッケージも作品の一部」であると考えています。しかし、レコードからCD に変わったことで、デザインを活かせる面積が一気に小さくなってしまった。そこで“付加価値を高める”という部分でデジパックが注目を集めることになったのです」(金井氏)。実は当初、AGI 社ではデジパックを安価なパッケージと位置付けてマーケットへの売り込みを行っていたという。しかし、日本で“高級感のある特別なパッケージ”と捉えられたことで状況は一変し、91 年にクライアントの要望を参考にしながらデジパックの改善を図ったことで普及への扉が開いた。さらに96 年にDVD が商用化されたことも後押しし、01 年には生産枚数が1 億枚に。そこからさらに11 年かけ、今回、2億枚達成となった。

「他社も含めて、生産実績は年々伸びている」(JS 社 常務取締役 本社営業統括・柴田明氏)ことからもわかる通り、ユーザーの音楽の視聴形態が多様化するなか、特別感を演出するCD の“付加価値”の重要性は高まっている。「最近では布など、素材、形状も選択肢が増えています」(JS社 MP 事業本部 取締役 事業本部長・薄井功氏)といい、デジパックを通じて、アーティストがパッケージを含めトータルで世界観を表現できる可能性が広がっている。


■関連記事
> CDパッケージデザインの付加価値再考(11年6月9日)
> andropのアートディレクター、田中勤郎氏インタビュー(12年1月30日)



つづきはこちら

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top