ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ネクストブレイク

(2012/07/23)

デジタルネイティブ世代が生んだ新型ユニット・感傷ベクトル


2人組ユニットの感傷ベクトル。ハイブリッドロックサークルを掲げ、インターネットをベースに展開。バンド活動に加え、漫画家としても『ジャンプSQ.19』にて連載中。


8月3日にCDとコミックの2メディアで同時発売される『シアロア』

 音楽と漫画を同時に手がける2人組ユニット、感傷ベクトルが、8月3日にセルフメディアミックス作品『シアロア』をCDとコミックの2メディアで同時にリリースする。

 感傷ベクトルはボーカル、ギター、ピアノ、作詞、作曲に加え“作画”を担当する田口囁一と、ベースと“脚本”を担当する春川三咲の2人で構成。音楽と漫画の2ジャンルで世界観を作り上げることから、「ハイブリッドロックサークル」を掲げ、インターネットをベースに展開。自在にセルフメディアミックスで表現する様は、まさにデジタルネイティブ世代の申し子とも言える。

 『シアロア』は11年6月からオフィシャルサイトに毎月新曲1曲+漫画1話という新たなスタイルで1年間発表し続けてきた作品群。オフィシャルサイトでは漫画全10話を連作集『シアロア』としてまとめ、無料で読むことができ、楽曲も視聴できるようになっている。パッケージ化に当たっては、全10話+10曲が収録されるほか、漫画『シアロア』の続編を描いたコミックと、ビデオクリップなどを収録したDVDも封入される。

 なお、雑誌『ジャンプSQ.19』(集英社)にて『僕は友達が少ない+』の連載も手がけており、単行本『田口囁一・春川三咲連作集シアロア』も同日発売予定。宮野真守、木村良平、細谷佳正をはじめとする人気声優の“声”と感傷ベクトルの漫画と音楽を組み合わせたピクチャードラマも7月11日より公開。アニメ好きから感度の高いロックファンまで幅広く訴求していく。



つづきはこちら

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top