ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > OC TRENDWATCH

(2012/07/23)

相対性理論、「Z女戦争」をライブでセルフカバー


相対性理論のイメージ写真

 7月1日、山梨県・河口湖ステラシアター大ホールで、『DUM-DUM PARTY 2012 〜夏の黄金比〜 Curated by OFFICE LASGOW&DUMDUM LLP』(DUM-DUM LLP主催)が開催され、ゲストに小山田圭吾(コーネリアス)を迎え、ザ・ヴァセリンズ、相対性理論、スティーヴィー・ジャクソン(ベル・アンド・セバスチャン)がパフォーマンスを披露した。

 当日はあいにくの雨模様となり、会場の全天候型円形ホール・ステラシアターは屋根を設置した形で開演。スティーヴィー・ジャクソンのアコースティック・ギターでの弾き語りから始まり、ザ・ヴァセリンズのエネルギッシュなパフォーマンスに続き、日が暮れかかる19時前に相対性理論が登場。ブルーのワンピースに身を包んだボーカルのやくしまるえつこをセンターに、ステージ袖にはエンジニアのZAKの姿も見られ、ツイン・ドラムの編成でライブを展開。「元素記号」からはじまり、11曲目には、やくしまるがティカ・α名義で詞と曲を手がけたももいろクローバーZの「Z女戦争」を相対性理論サウンドでカバーした。

 新曲3曲を含む全13曲のほか、アンコールでは、アウトロの長いインプロビゼーションも印象的だった「ムーンライト銀河」まで、ポップスターの枠に収まりきらない独特の存在感と、計算されつくした音の世界観を示した。

> ももクロ新曲「Z女戦争」 やくしまるえつこが楽曲提供


■関連記事
> バンドブーム再燃! カギ握る音楽番組との付き合い方(12年3月5日)
> ツイッター時代のバンドシーン、サイバースペースからの逆襲(10年8月30日)



つづきはこちら

Go to Page Top

Go to Page Top