ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > OCTW

(2012/07/16)

東京カランコロン、8月にメジャーデビュー


5人編成のバンド、東京カランコロン。プロデュースはスピッツなどを手がけている竹内修氏。話題のクリエイター、ファンタジスタ歌磨呂がアートワークを担当。

 男女のツインボーカルによる類まれなポップ・ センスと強烈な個性で、ライブハウス・シーンを賑わせていたバンド、東京カランコロンが8月15日にリリースするミニ・アルバム『ゆらめき☆ロマンティック』でメジャーデビューする。

 同アルバムは、元チャットモンチーの高橋久美子が初めて詞を提供した「泣き虫ファイター」、CX系アニメ『ちびまる子ちゃん』の95年のオープニングテーマ「うれしい予感」のカバーほか、「ウキウキエブリデイ」など5曲を収録した1枚。

 09年5月より現在の佐藤全部(B)、いちろー(Vo、G)、せんせい(Vo、Key)、おいたん(G、Cho)、かみむー氏(Ds)の5人編成で活動開始。翌10年6月、ディスクユニオンにて2ndデモCDの取り扱いが始まり、自主制作音源はタワーレコードの『タワレコメン』に選出されるなどインディーズながら話題に。

 11年5月の1stミニアルバム『あなた色のプリンセス』発売時には、EX系音楽番組『ストリートファイターズ』で特集が組まれるなど注目度も高まった。今作のプロデュースはスピッツなどを手がけている竹内修氏が担当、アートワークも話題のクリエイター・ファンタジスタ歌磨呂が手がけた。

 なお、9月12日には東京・渋谷クアトロでのワンマンライブ『ワンマん2012』の開催が決定した。

> 2012年 音楽トレンド予測 バンドブーム再来するか?


■関連記事
> ツイッター時代のバンドシーン、サイバースペースからの逆襲(10年8月30日)
> アートワークの付加価値再考(11年6月9日)



つづきはこちら

Go to Page Top

Go to Page Top