ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > NEWS

(2009/06/01)

『YouTube』で約5000万PVを記録した8歳のシンガー、
コニー・タルボット

 ポール・ポッツを輩出したイギリスの人気オーディション番組『Britain’s Got Talent』(07年)の決勝に進出し、世界的に話題を集めた6歳(当時)のシンガーがいる。コニー・タルボット。同番組の決勝の様子を記録した動画は『YouTube』でなんと5000万近いPVを記録し、07年末にリリースしたデビューアルバム『オーヴァー・ザ・レインボー』はイギリスで10万枚以上の売上を記録。同作は香港、台湾、韓国でもチャート1位を記録し、アジア圏でも好評だ。そんなコニー・タルボットが日本でも5月27日にデビューする。

 日本のリリース元であるK社の森川進氏によれば、コニー・タルボットの声を特に高く評価し、契約に至ったとのこと。氏は、「裏声と地声を巧みに使い分けたナチュラルな声が最大の魅力」と語る。アルバム『オーヴァー・ザ・レインボー』は、「サムホエア・オーヴァー・ザ・レインボー」や「イマジン」(ジョン・レノン)、「ベン」(マイケル・ジャクソン)などを収録したスタンダード・カバー・アルバム。森川氏は当初、ある程度音楽の造詣のある40代男性をメイン・ターゲットと想定していたそうだが、日本でもインターネットを中心に、男女や世代を問わず注目されていることを知り、「マスにもアピールできる作品」という手ごたえを感じたという。

 K社では、本作発売に向けて、紙媒体とインターネット施策を中心に展開している。CDショップ周りでは、特に本人の映像を絡めた展開に力を入れており、大型店舗では、モニター付の展開が実現する。実際に、店舗バイヤー向けのプレゼンテーションにおいても、映像を見せたときの方が、引きが強かったとのことで、モニター付の展開の売上促進効果には期待したいところだ。

 そして、セールスの鍵を握ると思われるのが、発売直後の6月頭に予定されているプロモーション来日。6月6日には東京ドームシティ・ラクーアで、7日にはイオンモール武蔵村山ミューにてライヴイベントを行う。ファミリー層の来訪者が多いスポットでのイベント開催で、グレー層へのアプローチを狙う。また、K社ではこの時期の地上波テレビ番組への出演をアプローチしているとのことで、これが実現すれば、セールスは大きく飛躍しそうだ。

コニータルボット
『オーヴァー・ザ・レインボー』
(KICP-1331)
2600円(税込)
5月27日発売


(ORICON BiZ5月25日号より抜粋)

Go to Page Top

Go to Page Top