ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > OC TREND WATCH

(2012/04/23)

山本恭司が弾く「仰げば尊し」 日本の叙情歌を世界に誇るギタリストたちが演奏

 「仰げば尊し」「荒城の月」「花」など、誰もが耳にしたことがある日本の古き良き叙情歌を、日本を代表するギタリストたち10組が弾いたギター・インストゥルメンタルCDアルバム『六弦心(ろくげんしん)Vol.1』が2月に発売、3月には世界に向けて配信(ワーナーミュージック・ジャパン インターナショナル)もスタートするなど話題を提供した。

 『六弦心〜』に収録されているのは、「仰げば尊し」山本恭司、「われは海の子」小沼ようすけ、「赤い靴」小野瀬雅生(CRAZY KEN BAND) ら、錚々たる面々で、プロデュースは山本が手がけている。山本は作品について、「ギタリスト達の意地とプライド、そして子供の頃から聴いて育ったあの歌をこうしてギターを使って表現出来る喜びを詰め込んだ美しいアルバム」とコメントしている。

 最近では配信リリースされたEXILEのATSUSHIが歌う「ふるさと」が、レコチョクランキング(着うたフル)でデイリー1位(4月1日付)を獲得するなど、日本のスタンダードメロディーへの関心が高まりつつある。こうした背景のなかリリースされた本作のプロモーションでは、Facebook を活用したPR のほか、東京・代官山 蔦屋書店で、作品でプレイしているギタリストたちのパネルや貴重なギターの展示を行い、エルダー層へのアピールも図った。



つづきはこちら

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top