ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > CLOSE UP

(2010/12/10)

【2010エンタメ統括】09年に引き続きキャラソン好調だったアニソンシーン

 09年、音楽、映像、書籍と、多岐にわたるヒットで話題を集めた『けいおん!』。10年4月〜9月にかけて放送された第2期アニメ『けいおん!!』でもその勢いは留まらず、数々の記録を樹立した。

 主人公たちのバンド・放課後ティータイムによるオープニングテーマ「GO!GO!MANIAC」、エンディングテーマ「Listen!!」がオリコン5/10付週間ランキングでシングル1位、2位を独占。アニメキャラクター名義としては、オリコンランキング史上初の1位を獲得した。

 また、第2期後半のオープニングテーマ「Utauyo!!MIRACLE」、エンディングテーマ「NO,Thank You!」もそれぞれ3位、2位にランクインし、10年に発売された主題歌シングルはすべてTOP3入り。劇中歌フルアルバム『放課後ティータイム・』は初動10万枚を超えるセールスで1位に初登場した。アニメ最終回で映画化も発表されており、その熱はまだまだ冷めそうにない。

アニメ『けいおん!!』放課後ティータイム〔平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)〕10年ランキング実績

 また、同じくTBS系で4月〜6月にかけて放送された『Angel Beats!』も関連CDが軒並みヒットを記録している。オープニング・エンディングテーマを収録したLia/多田葵「My Soul,Your Beats!/Brave Song」は6/7付で最高3位を記録。劇中に登場するガールズバンド・Girls Dead Monsterによるシングル「Crow Song」「Thousand Enemies」「Little Braver」、アルバム『Keep The Beats!』もすべてTOP10入りを果たしている。

 12月8日にはGirls Dead Monster starring marina「Last Song」、Girls Dead Monster starring LiSA「一番の宝物〜Yui final ver.〜」も発売され、ともに初日のデイリーでTOP3入り。週間でも上位ランクインが期待される。

 09年11月に劇場公開された『マクロスF』で劇中の歌姫が歌う関連CDも10年にかけて好セールスを記録するなど、音楽×アニメの組み合わせは非常に相性が良い。前述の3作は作品自体に音楽が密接に関わっていたものの、10年のアニソンシーンはアニメに登場するキャラクターが歌う作品が好セールスを記録していたように見受けられる。

 アニソンがヒットする要素のひとつとして、映像と音楽のマッチングという部分が大きいが、キャラクターが歌うことで楽曲と作品との結びつきがさらに強くなる。それに加えて、ファンにとってはCDも“キャラクター商品”であるという側面も、セールスに顕著に表れているのだろう。『けいおん!』『マクロスF』に関しては、来年以降に映画の公開も控えており、引き続き関連作の好セールスが期待される。

放課後ティータイム「GO!GO!MANIAC」
シングル1位を獲得した
放課後ティータイム
「GO!GO!MANIAC」

 

「My Soul,Your Beats!/Brave Song」
『Angel Beats!』のオープニング・
エンディングテーマを収録した
「My Soul,Your Beats!/Brave Song」


Go to Page Top

Go to Page Top