ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > CLOSE UP

(2010/12/01)

「EMI ROCKS」成功で見えた新たなビジネスチャンス

 EMIミュージック・ジャパン主催のロックイベント「EMI ROCKS」が11月6日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催され、同社所属アーティスト14組が登場し、1日限りの競演を繰り広げた。メーカー主催のフェスとしても注目を集めていたが、チケットは即完、2万人の観客の熱狂がイベントの成功を物語っていた。

『EMI ROCKS』
『EMI ROCKS』
開催:2010 年11月6日(土)/場所:さいたまスーパーアリーナ
出演アーティスト:股下89、清 竜人、MASS OF THE FERMENTING DREGS、
Base Ball Bear、雅-MIYAVI-、HIFANA、Fire Ball、布袋寅泰、9mm Parabellum Bullet、
ストレイテナー、ACIDMAN、東京事変、吉井和哉(出演順)


■自社の強みを活かし「ロックカラー」で統一

 「EMI ROCKS」のトリを飾った吉井和哉の印象的なひと言、「誇り高きロックレーベルEMIのイベントの最後にやらせてもらって嬉しいです」。この言葉が、全てを表していた。同社の強みの一つである「ロックカラー」コンセプトでまとめたラインナップが、イベントの統一感を生み、成功を招いた。

 「設立50周年ということで、有料の大きいお祭をやりたいと思いました。出演ラインナップにはいろんな考え方がありましたが、我々の強みを自分たちで再評価し、ブランディングすることがイベントを行ううえでのテーマでありましたし、ユーザーフレンドリーなものにしたかったので、ターゲットを絞ることにしました。イベントでは、アーティストが我々と同じ想いを持ってくれたことを実感しましたし、それを観客に伝えることができて、いい雰囲気が生まれました」

 そう語るのは総合プロデュースを務めた同社執行役員の高木亮氏。出演交渉を進める中で、自ら「出たい」と名乗り出るアーティストもあったという。

 イベントでは、いくつかの新しい試みが行われた。その一つが、終演後に出演アーティストの演奏をすぐにコンピレーションCD化して販売するというもの。

 3000枚限定で発売され、瞬く間に完売した。このシステムは「Abbey Road Live Here Now」と呼ばれ、EMI グループが04年からワールドワイドで展開している事業だ。アンダーワールド、ブラー、スラッシュ、ピクシーズ等のライブでの実績を持ち、日本では今回の「EMI ROCKS」が初となる。ライブの興奮冷めやらぬ観客にとっては、まさにうってつけのプレミアな記念グッズとなる。

 「オムニバス形式なので、全アーティストの収録ができなければやめようと思っていましたが、こちらの意図を伝え、全員に快諾していただきました。作品の質を高めるためには、ある一定期間は必要ですが、一方で、昨日作ったものを今日お客さんの前で演奏して手元に届けられるというのは面白いと思います。これを皮切りに、コンセプトを理解していただけるアーティストに丁寧に提案していきたい」(高木氏)

 熱狂的なファンであれば好きなアーティストのツアー全部を聴いてみたいというニーズも生まれる。レコード会社だからこそできる360度モデルの一つとして、高木氏は手ごたえを感じたようだ。

『EMI ROCKSオフィシャル記念ライブCD』
『EMI ROCKSオフィシャル記念ライブCD』
3000 円(税込)


■社員全員でイベント運営。裏テーマは「会社を元気にする」

 当日は、同社レコーディングスタジオ「studio TERRA」の稼動終了を惜しむアーティスト達が集結したプロジェクト・寺子屋による楽曲「EMI」も披露され、来場者に無料配信(当日24時まで)された。アーティスト同士の横のつながりができたことで、今後どう発展していくのかも期待される。また、観客の45%が20代であり、各アーティストのファン層が若干違う点も当初懸念されたそうだが、物販の売れ行きの良さから、他のアーティストへの興味も喚起することができたようだ。

 実は、本イベントには「会社を元気にする」という裏テーマがあった。

 「とにかく、若いスタッフの目の色を変えさせたい、って思いました。その目的も期待以上に達成できました」(高木氏)

 チケットは即完したが、購入者に向けて楽しみながら当日を迎えてもらうためのUstream やTwitter、ブログなどによる発信から、T シャツなどのグッズ、パンフレットも内製で行い、社員全員が運営に関わったことが、社内の士気を高め、チームワークを生んだ。

 同イベントに駆け付けたEMI グループCEO のロジャー・ファクソン氏は、帰国後、全世界向けに「生涯でもっとも印象的なイベント」とメールを送り、「EMI ROCKS」の成功を祝ったという。海外で「EMI ROCKS」が開催される日も近いのかもしれない。

Go to Page Top

Go to Page Top