ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > CLOSE UP

(2010/09/27)

「本を読まない母親が心配」という思いから生まれたヒット作

 子育てで大事にしたいポイントを、漫画やイラストを交えて分かりやすくアドバイスした『子育てハッピーアドバイス』シリーズが好調だ。最新作『大好き!が伝わるほめ方・叱り方』が19位にランクイン(9/13付)。本作の累積売上部数は17.3万部、『子育て〜』シリーズ累計の発行部数は、350万部を突破したという。1万年堂出版・山崎豊氏(編集部)に話を聞いた。

 『子育てハッピーアドバイス』のもとになったのは、同じく明橋大二氏による文章のみの育児書『輝ける子』シリーズ。著者は「子どもを心配して、本を読む親なら安心。心配なのは、本を読まない親だ」と考え、「後者のために漫画やイラストを入れたわかりやすいパンフレットを作りたい」というところから企画がスタートした。版元ではモニター版書籍を作り、同社のモニターに配布すると、「同じ内容でも漫画だと頭に入りやすい」「分かりやすい」「繰り返し読みたい」と評判は上々。価格を通常の書籍より抑えて980円に設定し、発行に踏み切った。

 編集の際にこだわったのは、何と言っても「母親目線」だ。「母親の気持ちを癒す」「母親が本当に知りたいこと」をわかりやすく伝えるために、子どもの表情イラストひとつにも修正を重ね、モニターたちとは何度もやり取りをしたという。

 このようにして完成したシリーズ第1作『子育てハッピーアドバイス』。05年の発行当時は漫画入りの育児書は例がなく、書店の反応も賛否両論だったそう。しかし、蓋をあけてみれば大好評。本を読んだ母親たちの口コミの影響力は大きく、発売3ヶ月間は毎週3〜5万部ずつ増刷するほどの大ヒットとなった。

 ちなみに、1万年堂出版の発行点数は年間3点。「編集部員ひとりの出版ノルマが月1点」という出版社も珍しくないなか、この数字は異例とも言える。「読者が本当に求めるものを、反響を大事にしながら丁寧につくり、きちんと売っていくには、この点数が限度」と山崎氏。商品に対する徹底したこだわりが、ヒットの大きな要因だろう。

『子育てハッピーアドバイス』主なシリーズ一覧

『子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わるほめ方・叱り方』
『子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わるほめ方・叱り方』
10年6月発売
明橋大二・著
太田知子・イラスト
980円(税込)
1万年堂出版・刊

Go to Page Top

Go to Page Top