ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > CLOSE UP

(2010/08/09)

「JAPANATION」プロジェクトの可能性

 エイベックス・エンタテインメントのレーベル・rhythm zoneが“J-DANCE”(J-POP×ダンスミュージック)というジャンルを軸にした新しいプロジェクト「JAPANATION(ジャパネイション)」を立ち上げ、7月7日にコンピレーション盤『JAPANAITON』(mixed by DJ KAYA)をリリースした。

 J-POPのヒット曲をクラブミックスしたコンピ盤は、これまでにも多数リリースされてきた。しかし、その音源を実際にクラブでプレイ、アーティストの稼動も含めたイベントを開催することで効果的なプロモーションに繋げるという試みは初めてではないだろうか。

 “日本が踊りだす。”というキャッチコピーを掲げたこのプロジェクトの発端について担当者であるエイベックス・エンタテインメント第2音楽事業本部 宣伝部 メディアルーム統括課長の都築裕五氏は、「発想の起点には、お客さん、メーカー、DJ、クラブといった入り口があり、それぞれにミッションが異なる」としたうえで、「過去の音源をリバイバルさせる」「エイベックスの原点であるダンスミュージックへの回帰」というふたつのポイントを挙げる。

 「レコード会社としては当然、新しいヒットを出し続けなくてはいけないという使命があるわけですが、実際にはこれが本当に難しい。特に現在のCD不況を考えると、過去のヒット曲をリバイバルさせることも視野に入れていかなくてはいけないと思うんです。もうひとつは、弊社はダンスミュージックからスタートした会社であり、そこをもう一度見直すということですね。DJ をはじめとするクラブカルチャーを担う方々と連携していくことで、このプロジェクトを浸透させていきたいと思っています」

 都築氏は「JAPANATION」のコンセプトをまとめた冊子「JAPANAITON message」を制作。音楽という無形のプロダクトに形を与えることで、効率的な普及を目指したという。この方法は、同じく担当するEXILEの宣伝にあたり「EXILE statement」を制作しており、その効果を実感した経験に則しているそうだ。


■インパクトあるプロモーションの場としても活用

 「JAPANATION」の高い可能性を担保しているのは、日本のダンスミュージックの質の向上、そして、クラブカルチャーが若い層を中心に(カラオケと同じように)“仲間同士で気軽に遊びに行く場所”として浸透していること。クオリティの高い音楽をより良い音響環境で体感しながら、好きな歌を合唱する。その一体感を通して、J-POP の魅力をユーザーに再認識してもらう、というわけだ。

 「7月5日にプロジェクトのキックオフ・パーティを行ったのですが、クラブに人が集まりづらい月曜日にも関わらず、約1500 人ものお客さんが来場してくれました。客層は広く、普段はカラオケに行くような若い方も多い。みなさんがJ-POPの名曲で盛り上がっている光景を目にして、“やはり間違っていない”という手ごたえを感じましたね」

 さらにクラブでPVを流すことでアーティストの認知度を高めたり、実際にアーティストを登場させることで、よりインパクトのあるプロモーションに結びつけることも可能だと都築氏は語る。

 「「Sunshine Girl」がヒット中のmoumoonのPV を流すと、“あ、この人が歌ってるんだ。可愛いね”という反応がダイレクトに返ってくる。また、モノマネ番組のように(笑)、“本物が来ちゃった!”という演出はお客さん、クラブのスタッフにも喜んでもらえるし、そのアーティストの印象を強く残すことができます。ユーザー同士による口コミ、“あれ、ヤバかったね”という言葉以上に強力なプロモーションはありませんからね」

 今後は、同社がネットワークしている全国のDJ へのプレゼンテーション、全国約20都市でのCD リリースツアーも予定されている。「JAPANATION」には同社以外のメーカーの楽曲も収録。クラブという“現場”を軸にしながら、J-POPの魅力を再発見、再発信する??この新しい試みの動向を今後も注視したい。

JAPANATIONイベント1

JAPANATIONイベント1

JAPANATIONイベント3
キックオフ・パーティの模様

『JAPANATION』
7月7日にリリースしたコンピレーションアルバム『JAPANATION』

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top