ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > CLOSE UP

(2010/06/14)

『アデル/ファラオと復活の秘薬』
リュック・ベッソンが仕掛ける映画戦略とは?

プロデュースと脚本に専念していたベッソンが2009年末から監督復帰して以降、これまで以上に動きが活発になってきているヨーロッパ・コープ。7月3日に公開を控える新作『アデル/ファラオと復活の秘薬』をはじめ、次々と仕掛けられる彼らの映像戦略を検証する。


■世界に市場を広げる新たなチャレンジ

 アメリカ映画の陰に隠れた感のあるヨーロッパ映画界において、唯一、ヒットを量産しているのが、リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープ。2001年に設立された同社は『TAXi』シリーズ、『トランスポーター』シリーズ、『96時間』、『パリより愛をこめて』などを送り出し、本国フランスのみならず、アメリカの興行チャートをも賑わしている。

 ヨーロッパ・コープは、言語を超えて理解できる、分かりやすいストーリーラインとアクション・スタントのパワーで押し切るエンターテインメントづくりを軸にしているところからも、世界で勝負するベッソンの姿勢がうかがえるが、ここにきてさらに新たなジャンルに挑み、市場を広げようとの意向が働いてきている。

 その一端がベッソンの監督復帰だ。4年前には、プロデュースと脚本に専念することで製作を掌握。思い通りに作品を量産する方法論でいくと語っていたが、方針を変更。09年末より、自ら監督を引き受けた作品を次々と送り出している。 まず、06年に大ヒットしたオリジナル・ファンタジー『アーサーとミニモイの不思議な国』を3部作構成に仕立て、第2弾『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』を09年に完成(日本では10年4月公開)。公開するや、完結篇の制作に直ちに着手した。実写とCGアニメーションを融合させた世界の楽しさをアピールした前2作以上の映像を生み出すべく、完成を急いでいる。

 ベッソン自身が「今のような難しい時代には、観客に喜びとか優しさを届けたい。だから僕の映画は以前より軽くなっているし、より面白く、エンターテインメントになっている」とコメントしているとおり、これまで以上に、より幅広い世代に向けたファミリー・ピクチャーの存在を主張する戦略を、着々と進行している。


■新作『アデル』でも冴えるベッソンのヒット戦略

 この流れは7月3日に公開される新作『アデル/ファラオと復活の秘薬』でも引き継がれている。この作品は、タルディが描いたフランスの人気コミック「アデル・ブラン=セック」の映画化。ベッソンにとっては10年越しの企画で、映像化を熱望していたという。原作を活かしつつ脚本を書き上げ、CG、VFXを駆使した縦横無尽の語り口で、壮大な世界を構築。本国フランスでは、10年4月に公開され、大ヒットを記録している。

 『ニキータ』や『ジャンヌ・ダルク』など、女性主導のアクションに冴えを見せてきたベッソンらしい女性版インディ・ジョーンズといった趣の作品だが、これまで以上に時代の掴んだエンターテインメント作品に仕上がっている。

 また、ヒロインに“お天気キャスター”出身のルイーズ・ブルゴワンを抜擢するなど、キャスティングにも話題性を考えるあたりも、いかにもヒットメーカーのベッソンらしい。この作品もシリーズ化は可能だし、ヨーロッパ・コープの新たな核となりそうだ。

 おりしも8月には、ベッソンの出世作『グラン・ブルー 完全版〜デジタル・レストア・バージョン〜』が公開されることになった。ベッソンの海に対する熱い思いのこもった88年作品が、デジタル画に修復されたわけで、作品のファンも多いことから話題性も十分。季節感もあり、興行的に健闘が期待されている。

 自らのイメージを巧みにブランド化した一方で、『フィリップ、きみを愛してる!』(10年3月公開)のような、製作の難しい企画を、製作総指揮を引き受けることでサポートする動きもみせる。

 「過去の作風と比べると変化があるが、それは、皆が求めていること」と言い切るベッソンの、時代を掴み、したたかに作品を打ち出していく映画戦略は今後、さらに目が離せない。

『アデル/ファラオと復活の秘薬』
『アデル/ファラオと復活の秘薬』
公開:7月3日
配給:アスミック・エース
(c) 2010 EUROPACORP-APIPOULAI¨ PROD-TF1 FILMS PRODUCTION
Photos : Magali BRAGARD

Go to Page Top

Go to Page Top