ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > CLOSE UP

(2010/06/14)

『アリス』メガヒットへの戦略

■世界観とキャラクターがオールターゲットを魅了

 4月17日の公開以来、7週連続で興行ランキング首位の座をキープ(5月30日現在)し、ディズニー史上最速となる37日間で興収100億円を突破した『アリス・イン・ワンダーランド』。WDS社マーケティング シニア・マネージャーの今井康恵氏は、『アリス』がメガヒットとなった理由について次のように語る。

 「早期に立ち上げた劇場宣伝展開が功を奏し、原作の認知度はもちろんですが、やはり多くの観客を魅了したのは、ティム・バートンとジョニー・デップのコンビが創り出した独特の世界観だと思います。ミア・ワシコウスカ演じるアリスが大人でも子供でもない19歳で、しかも“戦うヒロイン”という設定もユニークでしたし、チェシャ猫をはじめとするキャラクターもかなり際立っていました。さらに、『アバター』に続く3D超大作ということで、注目を集めるには最高のタイミングでした。パッケージのリリースに際しても、これらの要素を最大限に活かしたプロモーションを前面に打ち出していきます」(今井氏)

 店頭が作品の世界観でにぎやかに埋め尽くされていくのを見るのは、同社作品リリース時の楽しみのひとつ。今回も店頭ではスタンドPOPやラックなどで『アリス』の世界観を演出し、たとえば作品と同様に、店頭でも“白うさぎ”が案内役となってユーザーに購入を促す仕掛けを施していくという。

 また、ユーザーが世界観やキャラクターと強い関係性を築けるような仕掛けも多数打ち出す。そのひとつが「帽子デザイン・コンテスト」だ。

 「劇場公開時には“ミス・アリス コンテスト”を実施して大きな話題を呼びましたが、今回はジョニー・デップが演じた“マッドハッター”に因んで“ワンダーランドをイメージした帽子”というテーマを設けたデザイン・コンテストを開催します。アリスの世界観をどうやって表現するかなどをユーザーに考えていただくことで、作品との関係性をよりしっかりと構築することが狙いです」(今井氏)

 さらに、早期購入を促進する施策として、キービジュアルをあしらった“オリジナル・ファンタジー・アートケース”を用意。『アリス』ファンのみならず、より広範なユーザー層の購入意欲に刺さるオリジナル特典によって売上最大化を目指していく。


■ネットと店頭を融合させたユーザー参加型イベントも開催

 ユーザー参加型の企画としては、“「白うさぎ」をさがせ!”というプロモーションを実施する。リアルでは、交通広告や店頭、雑誌などで白うさぎを見つけたら写真を撮って公式ブログに投稿、オンラインでは複数のポータルサイトを回遊して白うさぎを見つけ、キーワードを集めて応募するとプレゼントをもらえるという企画になる。

 また、TVスポットでは意欲的な試みにチャレンジする。

 「劇場公開の後押しCMに、BD・DVDの発売告知を挿入します。“3Dを劇場で見逃すな!”と“BD・DVDは8月発売!”というメッセージです」(今井氏)

 こうした画期的なプロモーション手法が生まれたのは同社が今春、映画配給部門とホーム・エンタ−テイメント部門を統合し、新体制をスタートさせた成果といえよう。

 リリースされるのは「BD+DVD」「DVD」「DVD+microSD」「microSD」の4形態。今夏最大の期待作がどこまで売上を伸ばすのか。とりわけBDおよびmicroSDの普及をどこまで後押ししていくのか、『アリス』の動向を業界全体が期待を込めて注目している。

『アリス・イン・ワンダーランド』【ブルーレイ+DVDセット】
【ブルーレイ+DVDセット】
初回限定スペシャル・アウターケース付き
(VWBS-1115)
4935円(税込)

 

『アリス・イン・ワンダーランド』【DVD】
【DVD】
(VWDS-2285)
3360円(税込)


『アリス・イン・ワンダーランド』【DVD+microSDセット】
【DVD+microSDセット】
(VWDS-2287)
4935円(税込)

 

『アリス・イン・ワンダーランド』【microSD】
【microSD】
(VWMS-1024)
2940円(税込)


『アリス・イン・ワンダーランド』
(c) Disney Enterprises,Inc. All rights reserved.
※パッケージは変更になる場合がございます。ご了承ください。
予約特典は、ファンタジー・アートケース。ビジュアルを全面に配置し、
かわいらしいデザイン。大きさは26cm×20cm。裏面はもちろんマッドハッター
問 WDS社ディーラー向けサイト:「D-navi」http://wdshe-navi.jp/

Go to Page Top

Go to Page Top