ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/06/04)

【6月7日付週間マーケット概況 映像ソフト編】
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破〜』が席巻し、BDの週間市場規模が過去最高に

■DVDの年度累計売上額もプラ転

 先週付まで4週連続で前週比減を示していた映像ソフト市場だが、DVD及びBlu-ray Disc(BD)の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.』が初登場した今週は様相が一変。週間市場規模は95.7億円となり、対前週比297.2%と、先週付の約3倍という規模に膨れ上がった。

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破〜』はDVDが初動売上28.3万枚/17.2億円、BDも同35.7万枚/22.1億円を記録。BDは『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』が今年の2月8日付で記録していた26.1万枚/13.0億円を大きく上回り、BDにおける歴代最高の初動売上を記録した。今週はこの『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破〜』を含め、DVD総合TOP300で55作、BD TOP50でも25作の「アニメ」作品が初登場。BDの週間市場規模は『〜THIS IS IT』の初動週だった2月8日付の24.6億円を大きく上回る33.7億円に達し、08年下期のBD市場規模調査開始以来最高の数字となった。

 一方、DVDは2月以降、年度累計売上額が前年同期比減のまま推移していたが、今週付(22週経過時点)で一気にプラスに転じている(前年同期比100.1%)。

画像拡大
映像ソフト 週間市場動向推移

『ヱヴァンゲリヲン〜』の記録的なセールスを原動力に、
映像ソフト市場は先週付の約3倍という規模に

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top