ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/05/31)

ユーザー調査にみる今週の注目盤
20代男性の関心度が上昇 ヒルクライム

 約1年前のメジャーデビュー以来、着実に存在感を増してきているヒルクライムが、初のドラマ主題歌となるニューシングルをリリースする。

 2001年に出会い、2005年からヒルクライムとして地元新潟を中心に活動を始めたDJ KATSUとTOCの2人は、2009年7月に「純也と真菜実」でメジャーデビュー。メンバーの親友の結婚式のために書き下ろし披露されたというエピソードや、それをモチーフに皆藤愛子が花嫁役をつとめたジャケットとプロモーションビデオが話題に。続いてリリースされた2ndシングル「春夏秋冬」がいきなり初登場6位となり、その後6週連続でTOP10内をキープ、一気に大注目を浴び、今もシングルランキング圏内を維持するロングセラーとなっている。これを受け、2009年末には『日本レコード大賞新人賞』など各賞を受賞。明けた2010年1月にリリースした1stアルバム『リサイタル』は初登場2位を記録、これも依然アルバムTOP50内にランクインするロングセラーとなっており、今年のこれまでの年間アルバムランキングで16位に位置するなど、ヒルクライムの新たな音楽アーティストとしてのポジショニングは高まってきている。

 そのヒルクライムが6月2日にリリースするニューシングル「ルーズリーフ」は、彼らにとって初めてのドラマ主題歌となる。『週刊少年マガジン』で人気連載中『ヤンキー君とメガネちゃん』をTBSがドラマ化し4月から放映開始、主演に成宮寛貴や仲 里依紗らを配して話題となっているものだ。

 期待度アンケート調査では、ヒルクライムを「知っている」と答えた人は61.5%で、今年1月リリースしたアルバム『リサイタル』発売前調査時の35.5%から大きく伸びているのが分かる。とくに、10代・20代の女性では80.0%と認知度が高い。20代男性では56.0%だが、この作品に「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」と答えた人の割合ではこの20代男性が最も高くなっており、コミック原作のドラマタイアップ効果の可能性が伺える。これからがますます楽しみなヒルクライムだ。

性別年代別による「ルーズリーフ」の興味関心

ヒルクライム「ルーズリーフ」
ヒルクライム「ルーズリーフ」
(UPCH-5658)
6月2日発売

(オリコン期待度調査について)
オリコン・モニター・リサーチ会員(約8.7万人)からランダムに抽出した400人(10代、20代、30代、40代の男女50人ずつ)に、発売前のシングルやアルバムについて、アーティスト認知度、興味・関心度、購入意向などについてのアンケート調査を行なっているもの。

各項目の質問と回答選択肢、質問対象者は以下の通り。

項目 質問 回答選択肢 質問対象者
アーティスト認知度このアーティストを知っていますか? 「知っている」「知らない」 全モニター
楽曲視聴度(シングルのみ) この作品を視聴しましたか?「視聴した」「視聴していない」 全モニター
楽曲評価(シングルのみ) 作品を視聴して、どう思いましたか? 「とても良いと思った」「どちらかといえば良いと思った」「どちらともいえない」「どちらかといえば良くないと思った」「まったく良くないと思った」 楽曲視聴度調査で「視聴した」と回答したモニター
興味関心度作品に興味関心がありますか? 「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」「どちらともいえない」「どちらかといえば興味関心がない」「まったく興味関心がない」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
CD購入意向このCDを購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
DL購入意向 この作品がダウンロード購入可能となった場合、購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top