ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/05/10)

ユーザー調査にみる今週の注目盤
40代男女の視聴度が高い KAT-TUN

 2006年のCDデビュー以降、全てのシングル、アルバムで週間ランキング首位を獲得してきたスーパーグループKAT-TUN。とくに今年2月、約11か月ぶりにリリースした11枚目のシングル「Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜」が、初週売上35万枚以上というハイレベルで首位となり、彼らの勢いはますます増している感がある。

 そのKAT-TUNが5月12日にリリースするのが、12枚目のシングルとなる「Going!」だ。この曲は、メンバーの亀梨和也がベースボールスペシャルサポーターとして出演している、4月からスタートした日本テレビ系スポーツ報道番組『Going!Sports&News』(毎週土曜・日曜23時55分〜放送)のテーマソングとなっている。

 ジャニーズの若手グループなので若い女性が主なファン層として思い浮かぶが、期待度アンケート調査の結果を見ると、この曲を「聴いたことがある」と答えた人の割合は、40代男性がもっとも高くなっており、タイアップ番組の影響が伺える。この作品に「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」と答えた人の割合では、40代女性のポイントが高くなっており、比較的高めの年齢層にもアピールされているようだ。

  5月2日から、夏までに渡る全国ツアーも開始されているKAT-TUN。シングル12作連続首位なるか、期待したい。

性別年代別による「Going!」の視聴経験

(オリコン期待度調査について)
オリコン・モニター・リサーチ会員(約8.7万人)からランダムに抽出した400人(10代、20代、30代、40代の男女50人ずつ)に、発売前のシングルやアルバムについて、アーティスト認知度、興味・関心度、購入意向などについてのアンケート調査を行なっているもの。

各項目の質問と回答選択肢、質問対象者は以下の通り。

項目 質問 回答選択肢 質問対象者
アーティスト認知度このアーティストを知っていますか? 「知っている」「知らない」 全モニター
楽曲視聴度(シングルのみ) この作品を視聴しましたか?「視聴した」「視聴していない」 全モニター
楽曲評価(シングルのみ) 作品を視聴して、どう思いましたか? 「とても良いと思った」「どちらかといえば良いと思った」「どちらともいえない」「どちらかといえば良くないと思った」「まったく良くないと思った」 楽曲視聴度調査で「視聴した」と回答したモニター
興味関心度作品に興味関心がありますか? 「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」「どちらともいえない」「どちらかといえば興味関心がない」「まったく興味関心がない」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
CD購入意向このCDを購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
DL購入意向 この作品がダウンロード購入可能となった場合、購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top