ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/05/07)

【5月10日付週間マーケット概況 映像ソフト編】
DVD、BDがともに前年比増に

■BDの前年同週比は今週も272.4%に

 5月10日付映像ソフトの総売上額は57.8億円。映画『アバター』のDVD及びBlu-ray Disc(BD)が初登場していた先週付に対しては80.6%という市場規模に留まったが、対前年同週比は121.6%と大幅増を示している。

 DVDの週間市場規模は47.5億円。ユニバーサルミュージック、アミューズからそれぞれリリースされた福山雅治のライヴDVDが2作合計で初動11.6万枚/8.9億円を記録しており、「音楽」の売上額が前年同週比170.0%となった他、『アバター』が登場2週目となる今週も週間2.2億円を売り上げたことなどから、「映画」も前年同週比106.4%に。この二つのジャンルが牽引し、DVD全体も前年同週比を108.7%としている。

 一方、BDの週間市場規模は10.2億円。『CLANNAD』のボックスセットが初動3.8万枚(セット)/2.8億円を記録したことなどを原動力に、「アニメ」が前年同週比を320.9%としたのをはじめ、全ジャンルが大幅な前年比増に。BD全体の前年同週比も272.4%に達した。

画像拡大
映像ソフト 週間市場動向推移

映画『アバター』が席巻していた先週付に対しては80.6%という
市場規模に留まったが、対前年同週比は121.6%だ

Go to Page Top

Go to Page Top