ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/05/06)

ユーザー調査にみる今週の注目盤
前作より興味関心度が上昇 いきものがかり

 昨年12月発売のアルバム『ハジマリノウタ』は自身最高の売上を記録、現在でも週間アルバムTOP50内にランクインし続けており、累計売上が50万枚を突破。昨年9月発売のシングル「YELL/じょいふる」はシングル自己最高の累計売上を更新しながら、発売後7か月以上経った今もなお週間シングル100位内にランクイン中。映画『時をかける少女』主題歌となった今年3月発売のシングル「ノスタルジア」も初週3位を獲得と、好調ぶりが続く3人組グループいきものがかり。5月5日に、「ノスタルジア」に続くシングル「ありがとう」がリリースされた。

 「ありがとう」は、今年3月29日から放映開始されているNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の主題歌だ。このドラマは、『ゲゲゲの鬼太郎』の作者として誰もが知っている漫画家・水木しげるの妻・武良布枝さんによる、極貧だった新婚時代からの夫婦の半生を綴ったエッセイをもとに、夫婦の絆を描いていく。いきものがかりはこれまで多くの曲に様々な大型タイアップが付いているが、このNHK朝の連続ドラマほど国民的で視聴者層の幅広さが想起されるタイアップは、彼らにとっても珍しい。

 期待度アンケート調査を見ても、この作品に「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」と答えた人の割合は、前作シングル「ノスタルジア」の48.2%に比較して今回57.7%とさらに高まっている傾向にある中、性別や世代別であまり大きな差が無く、全体的に興味関心を持たれていることが伺える。シングルCDとしては格安の555円の値段で売り出されたこの「ありがとう」で、若い人だけでなく家族全体から注目されるようになるか、いきものがかりに期待したい。

性別年代別による「ありがとう」の興味関心

いきものがかり 「ありがとう」
いきものがかり
「ありがとう」
(ESCL-3438)
5月5日発売

(オリコン期待度調査について)
オリコン・モニター・リサーチ会員(約8.7万人)からランダムに抽出した400人(10代、20代、30代、40代の男女50人ずつ)に、発売前のシングルやアルバムについて、アーティスト認知度、興味・関心度、購入意向などについてのアンケート調査を行なっているもの。

各項目の質問と回答選択肢、質問対象者は以下の通り。

項目 質問 回答選択肢 質問対象者
アーティスト認知度このアーティストを知っていますか? 「知っている」「知らない」 全モニター
楽曲視聴度(シングルのみ) この作品を視聴しましたか?「視聴した」「視聴していない」 全モニター
楽曲評価(シングルのみ) 作品を視聴して、どう思いましたか? 「とても良いと思った」「どちらかといえば良いと思った」「どちらともいえない」「どちらかといえば良くないと思った」「まったく良くないと思った」 楽曲視聴度調査で「視聴した」と回答したモニター
興味関心度作品に興味関心がありますか? 「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」「どちらともいえない」「どちらかといえば興味関心がない」「まったく興味関心がない」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
CD購入意向このCDを購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
DL購入意向 この作品がダウンロード購入可能となった場合、購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター

Go to Page Top

Go to Page Top