ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > NEWS

(2009/04/14)

パッケージ商品の新しい魅力に挑戦
浜崎あゆみ、アルバムをUSBでも発売

 「紙ジャケ」や「DVD付き」など音楽パッケージ商品の形態が多様化しつづける近年、浜崎あゆみが最新アルバムで、「USB」という新しい商品形態に挑戦している。「USB」が音楽商品作りにもたらす新しい可能性とは。

 3月25日に、浜崎あゆみの通算10枚目のオリジナルフルアルバムとしてリリースされた『NEXT LEVEL』。本作では、「CDのみの通常盤」、「1CD+DVDバージョン」、「2CD+DVDバージョン」に加えて、USB形態でリリースされている。日本人メジャー・アーティストが、USB形態の音楽商品を一般CD販売店で発売するのは初めてのことであり、注目を集めている。

 昨年、デビュー10周年を迎えた浜崎あゆみだが、本形態はそのアニバーサリー・メモリアル企画。AVT社第4制作部の米田英智氏(A&R課主任)は、以前からUSB形態での商品発売を念頭において1年半かけて準備してきた。

 「浜崎あゆみは、過去、“配信限定先行シングル”などをはじめ、日本の音楽マーケットに新しい提案を行ってきました。デビュー10周年を迎えて、“次の新しい提案”として、日本人で初めての本格的なUSB形態の音楽商品をリリースすることになりました」(米田氏)

 USB形態のリリースは、例えば、イギリスでは06年からシングルの1バージョンとして登場し、昨年はレディオヘッドが過去のアルバム収録曲をすべて収録したUSB形態の“ボックスセット”をリリースしている。米田氏が着目したUSBメモリーの機能は次の2点だ。

 ・CDをリッピングするのに比べて、PCや携帯音楽プレイヤーに素早く転送できる
 ・海外でも、チェーンの付いたアクセサリー型のUSBメモリーが販売された例があり、グッズとして展開できる
  可能性がある。

 特に後者を念頭において、今回のUSB形態の“ガワ”には、浜崎あゆみの10周年のロゴを模った金属製の筐体が採用された。収録内容は、アルバム収録曲14曲(MP-3形式)と、PV(MPEG4形式)が6曲。ファイル形式もi-Podで聴くことを想定し、使いやすい形式を採用している。「徹底して、ユーザーの利用シーンを考えて制作した」(米田氏)1品だ。

 この“USBバージョン”は大きな反響を呼び、2月13日のプレスリリース発表後、スポーツ紙や地上波テレビのニュース番組、果てはクイズ番組でも紹介された。本バージョンは限定生産とされていたが、ECサイトで予約を開始すると、生産分が即日完売。急遽、追加生産を行った。また、音楽業界や映像業界からの注目度も高く、AVT社には、数多くの問い合わせが寄せられているという。

 「音楽だけ聴ければいい人」「CDパッケージも欲しい人」「PVやライヴ映像も欲しい人」というように、音楽の消費方法が多様化した今、商品もそれに合わせて多様化する必要があると思います。USB形態は、携帯音楽プレイヤーで聴くときの利便性がありつつ、「モノ」としての魅力もフレキシブルに作ることができます。音楽商品の新しい選択肢として、今後も注目されていくと思います」(米田氏)

USBバージョンのパッケージ

CDショップ店頭に置かれることを念頭にCDと同サイズのプラスチックケースに収納。USBメモリーの取り扱い説明書も同封している。ジャケットはこのバージョンオリジナルのものを撮り下ろし。

キャップを外し、コネクタ部分をあらわにした状態

キャップを外し、コネクタ部分をあらわにした状態

(ORICON BiZ4月13日号より抜粋)

 

PCに接続した状態

PCに接続した状態

Go to Page Top

Go to Page Top