ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > CLOSE UP

(2010/01/21)

第2回CDショップ大賞受賞はTHE BAWDIES『THIS IS MY STORY』

 全国のCDショップ店員の投票で選ぶ「第2回 CDショップ大賞」が決定。1月21日に東京・渋谷BOXXで授賞式が行われた。

第二回CDショップ大賞 受賞作品

■大賞はTHE BAWDIES「THIS IS MY STORY」

 大賞はTHE BAWDIES『THIS IS MY STORY』、準大賞は清 竜人『PHILOSOPHY』とSuperfly『Box Emotions』が選出。洋楽賞の大賞にはレディー・ガガ『ザ・フェイム』が、洋楽賞準大賞にはザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート『ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート』とダイアン・バーチ『バイブル・ベルト』が選ばれた。

 大賞に輝いたTHE BAWDIESは04年1月に結成した4人組ロックバンド。受賞作である『THIS IS MY STORY』は昨年4月にリリースしたメジャー1stアルバムで、オリコン週間ランキング最高順位30位にランクインしている。授賞式でTHE BAWDIESのメンバーは「常に音楽に触れている皆さんから選んでいただくのは特別な思いがあって嬉しいです。ありがとうございます」と喜んだ。


■前回の成果から投票数が倍増。より趣旨が明文化した受賞結果に

 同賞はメジャー/インディーズを問わず、過去1年に発売されたパッケージを対象にCDショップ店員が「売りたい」「聴かせたい」と思うアイテムに票を投じるシステム。投票者は、一次投票で選出されたノミネート20作品をすべて聴いた上で二次投票を行ない、上位3作品が受賞となる。

 第2回となる今回は、一次投票に312名・二次投票に189名が参加。参加者数は前回とくらべ約2倍となった。事務局であるNPO法人ミュージックソムリエ協会の吉川さやか理事は、この成果を次のように語る。

 「第1回で大賞に選ばれた相対性理論は、実際にセールスが動いたという経験を通して、現場のモチベーションは格段に上がっています。また初メジャーリリース直前のタイミングで準大賞を受賞した大橋トリオさんは、キャンペーンなどことあるごとにCDショップ大賞をアピールしてくれました。アーティストがこの賞を誇りに思ってくれたことも、賞の認知度アップや参加者の増加に繋がりました」

 また同賞の実行委員長を務めるモナレコード代表の行達也氏は、今回の受賞結果を「大満足です」と語る。

 「第1回開催より、さらにこの賞の趣旨が明確に現れたと思います。実際、THE BAWDIESと清 竜人さんは一次投票の段階ではそれほど上位ではなかったんですが、試聴を経て票を集めました。恐らく店員の中にも視聴会で初めて知って、『カッコいい!』と思った人が多かったんだと思います。やはり2段階を踏む投票システムは、有効だと感じました」

 CDショップの現場を盛りあげるという意図から始まった同賞はまた、衰退しつつあるパッケージビジネスに活力を取り戻すという副産物ももたらすだろう。全日本CDショップ店員組合のさらなる活発な活動に期待したい。

CDshop集合写真
大賞を受賞したTHE BAWDIES(前列左から4人)、準大賞を受賞した清 竜人(前列右)

Go to Page Top

Go to Page Top