ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > CLOSE UP

(2010/01/18)

「CD+ペアチケット」で挑む超新星ファン拡大戦略

 韓国の6人組ダンス&ボーカルグループ“超新星”の4thシングル「Last Kiss」が1月20日、3形態でリリースされる。注目は3000枚限定の“超☆初回盤”。税込6900円というシングルとしては挑戦的な価格にも関わらず予約段階で即完したというこのプレミアム盤には、「ペアLIVE入場引き換え券+ペアリストバンド」の特典が付く。

 CDの購入者特典としてライヴやイベントの応募券を付けるのはもはや定番の施策だ。しかし超☆初回盤は単なるファンサービスのための高付加価値商品ではなく、ファンベースの拡大→CDセールスの伸長という明確な戦略に基づいている。昨年9月の日本デビュー時から超新星を担当するユニバーサル ミュージックのスタッフは次のように語る。

 「超☆初回盤の購入ターゲット自体は超新星のコアな女性ファンの方々ですが、リリースの本当の狙いは、ペアチケットを通してライヴに足を運ぶ彼女たちの友人や家族といった潜在的なファンの掘り起こしです。超新星はメンバー全員が身長180cm以上というスタイルとルックス抜群の“韓国ナンバーワン美形グループ”。ライト層に彼らの魅力を訴求するには生の姿を見ていただくのが最も効果的だと考えました」

 さらに今回のリリースを機に、同社ではデビュー時より展開中の「超新星応援プロジェクト」(下記参照)を本格的に始動。CDセールスへの直結を目標に、より戦略的にコアファンの獲得と拡大を図っていく。

 なお、超☆初回盤の特典である3月開催の「広げよう!超新星の輪★」イベントライヴは通常の興行とは異なり、よりイベント性やプレミアム感を重視した内容になるという。

 「今回の企画のために撮りおろした映像を披露するなど、ステージパフォーマンスだけにとどまらない、超☆初回盤を手に入れられた方だけが体験できる特別感のあるイベントライヴを行う予定です。今後もリリースのたびに趣向を凝らしたイベント企画を展開したいと考えていますが、ファンの方々に“超新星のCDを買ったら、いつだって何か楽しいことが待っている”と期待していただけることを目指します」と前出の担当者は今後の抱負を語る。

 高付加価値によってCDを売り伸ばすという発想をさらに発展させ、CDの拡販を通してファンベースの拡大を図っていくという超新星の手法が大きな実を結ぶか。その成果に大きな期待を込めて注目したい。

●「超新星応援プロジェクト」とは?

ファンの輪を広げながら「eCRM」を実践

 昨年9月の日本デビュー以来、ユニバーサル ミュージックが展開している「超新星応援プロジェクト」。3週連続シングルリリース時に行われた第1弾では、“ポスター宣伝”と“ブロガー取材”の2企画を実施。前者ではプロジェクトに賛同したファンが、同社より贈呈された超新星のポスターを人目の集まる場所に貼り、宣伝活動を行った。後者では一般ブロガーが対談形式で超新星の取材を敢行。ゲストとしてお笑い芸人“超新塾”も参加し、多くのメディアで取り上げられた。今回の第2弾では、3月2日(東京・渋谷AX)と3月3日(愛知・名古屋ダイヤモンドホール)に開催する「広げよう!超新星の輪★」イベントライヴへの招待に加えて、応援プロジェクトの入団員募集も開始。団員となったコアファンに対してメールマガジンなどによる情報発信を行いながら、ファンベースのさらなる拡大を目指す。
 同社が今後の注力事業として掲げる「eCRM」。これは、ユーザーに直接働きかけることで関係を構築し、顧客の囲い込みやアーティストのブランディングを行うというデータベース・マーケティングのシステムだが、超新星応援プロジェクトはまさにeCRMを具現化させた取り組みと言える。

超新星「Last Kiss」(超☆初回盤)
超新星「Last Kiss」(超☆初回盤)

ペアリストバンド
ペアLIVE入場引き換え券とペアリストバンドが「Last Kiss」超☆初回盤の購入特典

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top