ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > NEWS

(2009/03/24)

08年のビデオソフト売上発表
Blu-rayが前年比3倍、全体の3.4%に――JVA

 日本映像ソフト協会(JVA)は3月10日、『2008年JVA統計調査結果』を発表した。それによると、08年のビデオソフトの総売上は2860億9800万円で、前年比88.9%。04年の3753億9300万円をピークに前年割れが続いている。

 ビデオソフト総売上の96.4%を占めるDVDビデオは販売用がその63.6%を占め、レンタル店用35.9%、業務用0.5%。販売用の売上金額シェアは、『日本のアニメーション(一般向け)』が27.0%で3年連続首位。前年比117.8%と好調な『音楽(邦楽)』が初めて構成比2位(17.3%)に躍進し、『洋画』(14.1%)が3位となった。

 Blu-ray(BD)の売上金額は98億6000万円で前年比約3倍に伸張し、ソフト全体に占める割合は金額ベースで3.4%となった。販売用の売上構成をジャンル別に見ると、『日本のアニメーション(一般向け)』が48.0%で1位、『洋画』が同43.7%で2位。一方、レンタル用は『洋画』が同79.7%で1位、『日本のアニメーション(一般向け)』が同11.4%で2位。8社の参入があったが、BD市場は実質、この2ジャンルで占められている。

ビデオ売上

(ORICON BiZ3月23日号より抜粋)

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top