ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > NEWS

(2009/10/31)

CDと楽器のシナジーで音楽産業を活性化!HMVと新星堂が渋谷でタッグ

 HMVジャパンの旗艦店「HMV渋谷」が11月5日リニューアルオープン。同店の5階に、新星堂の楽器専門店ブランド「ロックイン」の新店(ロックイン渋谷店)が入店することが明らかになった。

リニューアルを控えるHMV渋谷
リニューアルを控えるHMV渋谷

 1990年、外資系CDショップとして日本に上陸したHMVジャパンの、第1号店であるHMV渋谷。過去、数々のムーヴメントを発信してきた同店が大胆な改革を行う。リニューアル後、CD/DVD販売は現在の5フロアから4フロアとコンパクトに。5階にロックイン渋谷店が入店することで、ひとつのストアでCDも楽器も販売する。「音楽を楽しむすべての人に音楽を軸としたライフスタイルを提案し、ともに渋谷の音楽シーン、ひいては渋谷の街を活性化させる」というのが、今回のコンセプトだ。

 ともに、音楽・映像関連商品の販売を手がけるHMVジャパンと新星堂。この2社が、「渋谷」という文化の発信地でタッグを組むというのは、極めて異例。今回の経緯について、両社の社長は以下のように語っている。 「HMV渋谷は(現在の場所に移転してから)昨年10周年を迎え、改めてお店自体を見直し、現在のマーケットの規模感からみたお店のサイズやお客様の層を考えたお店作りをするべく、リニューアルを行うことにしました。その結果、CD/DVD販売は4フロアに、もう1フロアをサブリースすることにしましたが、サブリース先は、音楽関連にこだわりたかった」(HMVジャパン 代表取締役社長 雨宮雄一氏) 「渋谷は楽器の街。そこにロックインも出店するべきだという議論が、以前から社内にありました。そんな中で今回HMVさんという最高のパートナーが得られた」(新星堂 代表取締役社長 砂田浩孝氏)

■ジャンルではなく、コンセプトでフロアを再構成

 果たして、リニューアル後のお店はどのようなものになるのか。HMV渋谷は、1〜4階のフロア展開も大幅に改革される。具体的には、これまで同店がとってきた「ジャンルに基づくフロア割り」をやめ、ユーザー・ニーズに合わせたコンセプト型のフロアに一新する。1階はライトユーザー向け、2階は渋谷らしい尖がった若者やトレンドに敏感な層向け、3階・4階にはコレクター向けといった具合だ。 「今回のリニューアルでメインターゲットとしているのは、20代女性。この層にもう一度お店に来ていただく上で1、2階が重要な役割を果たします。従来の「ジャズ」「クラシック」「ロック」といったジャンルは、3、4階に入り、旧来の専門店的なニュアンスを残しつつ、よりコンパクトに、より分かりやすくします」(雨宮氏) この新体制のため、HMVジャパンでは店長経験者8名をHMV渋谷に集結させる。経験豊かな人材を同店に集めることで、サービスクオリティーを高める狙いだ。

■ CDショップ・ユーザーに合わせ、雑貨・小物類を充実

 一方、新規入店するロックイン渋谷店はどうか。砂田氏によれば、「渋谷という立地を考えたときに、若者というのはまずありますが、“大人”や“女性”にも楽しんでいただけるお店を目指したい」とのことで、楽器の試奏ブースを設置するなど、ゆったりと買い物のできる店作りを行う。そして、商品展開も、階下にCDショップがあるという立地を活かして、同店独自の展開を行う。 「ロックイン渋谷店で特に重視をするのが、楽譜や弦、ピックなどといった雑貨・小物類。これらの商品は現在出店しているロックインの店舗でも売上の3割を占めており、重要な商材ですが、渋谷では品揃えをより充実させ、一番目立つスペースで展開します。CD・DVDを買われるお客様は、毎週新譜が出るたびにお店に足を運びます。必然的に、渋谷店では通常の楽器店よりも、 “消耗品”や“低価格アイテム”の回転が速くなるでしょう」(砂田氏)

 両店では、今後インストア・イベントを共同開催するなど、シナジー効果を狙う施策を行っていくという。売上目標はHMV渋谷が「1フロア減っても、入店・購買客数はともに前年増」(雨宮氏)、ロックイン渋谷店が「アジアNo.1の楽器店であるロックイン新宿店と効率としては同じレベルを目指す。新宿が年間12億円で、渋谷は店舗面積が半分なので、6億円」(砂田氏)とのこと。両社とも今回のシナジー効果にかける期待は高い。

 音楽CDの売上の減少が続き、楽器市場も全体としてはほぼ横ばいと、音楽をめぐる市場環境は相変わらず厳しい。そんな中で音楽販売会社同士が手を組み、シナジーを生むことで再び音楽を盛り上げていこうという今回の試み。その成果が今後注目される。

新星堂・砂田社長とHMVジャパン雨宮社長
新星堂・砂田社長とHMVジャパン雨宮社長

Go to Page Top

Go to Page Top