ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > NEWS

(2009/09/02)

MPA、第10回国際音楽著作権ビジネス・セミナーの報告書を発表

 音楽出版社協会(MPA)は8月19日、今年6月3日〜5日に香港で行われた『Music Matters 2009』で開催した第10回国際音楽著作権ビジネス・セミナー『JAPAN MUSIC INDUSTRY UPDATE -voices from frontline-』の報告書をまとめ、発表した。

 同セミナーは、MPAが私的録音補償金管理協会(sarah)の共通目的基金の助成を受け、01年から毎年1月の国際音楽産業見本市(MIDEM)の中で開催してきた。第10回目の今回は場所を香港に移し、日本の音楽産業の現況について、大竹健理事(国際委員会委員長/ソニー・ミュージックパブリッシング 代表取締役社長)をモデレーターに、加藤公隆氏(UM社 ユニバーサルインターナショナル マネージング・ディレクター)、工藤与明氏(ディグズ・グループ 代表取締役社長)、中武宣廣氏(BMG社 RCA/Jiveグループ制作1部部長)が約1時間にわたってパネルディスカッションを行った。

 報告書(A4判16ページ/オールカラー)には、日本特有の音楽産業マーケットについてディスカッションしたすべての内容を掲載。英文の報告書についてはMPAのホームページ(http://www.mpaj.or.jp/)からダウンロード可能となっている。

音楽出版社

画像拡大

第10回国際音楽著作権ビジネス・セミナー
『JAPAN MUSIC INDUSTRY UPDATE -voices from frontline-』報告書

(ORICON BiZ8月31日号より抜粋)

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top