ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > NEWS

(2009/09/01)

米音楽市場、iTunes Storeがシェア25%に

 アメリカの市場調査会社、NPDグループが8月18日が発表したレポートによれば、米音楽市場におけるデジタルのシェアは依然上昇を続けていることが明らかになった。アメリカの音楽市場におけるデジタルシェアは、07年には20%、08年には30%だったが、09年上半期では35%。CDのシェアは65%となっている。今回の調査結果について、NPDグループのアナリスト、ラス・クラップニック氏は、「デジタル音楽売上は15〜20%のペースで伸び続けており、CD売上は同じ規模で落ち続けている。2010年の終わりには、デジタルがCDの売上とほぼ同程度の規模となるだろう」と述べている。

 この成長するデジタル市場において、iTunes Storeは引き続き高いシェアを保ち続けている。デジタル音楽市場におけるiTunes Storeのシェアは実に69%。07年の参入以来、有力な競合相手として注目されていたアマゾンMP3のシェアはわずか8%にとどまっており、両者の差は大きく開いている。音楽市場全体におけるiTunes Storeのシェアは25%に達し、強大なシェアを持つに至った。同時にシェア1位の座も守っている。2位はウォルマートで14%、3位はベスト・バイが入っている。

 なお、フィジカル市場のシェアでは、ウォルマートが1位、2位はベスト・バイ、以下、ディスカウント百貨店チェーンであるターゲットと、アマゾン・ドット・コムが続いている。

米音楽市場1

米音楽市場2

(ORICON BiZ8月31日号より抜粋)

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top