ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット分析

(2016/07/18)

ブレイク前夜 多くの業界人が注目するGLIM SPANKY

松尾レミ、亀本寛貴による2人組のロックユニットGLIM SPANKY
映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌などが収録されたアルバムを7月20日に発売する


 7月20日に発売される2ndアルバム『Next One』に収録される「怒りをくれよ」が23日公開の映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌となっていることも話題のGLIM SPANKYだが、同じく収録曲の「闇に目を凝らせば」が、10月に公開される湊かなえ原作の映画『少女』の主題歌として書き下ろされた作品だったことも、このほど公表された。同作にはこれ以外にも、NHK Eテレアニメ『境界のRINNE』第2期EDテーマだった「話をしよう」など、多くのタイアップ作を収録。これだけでも、好セールスを予感させるに十分だが、見逃せないのは大きくブレイクする直前のアーティストに多々見られる、いわゆる「業界内評価」が極めて高い点だ。

 著名人を例に挙げるなら、まず、桑田佳祐はファンクラブ会報誌における今年年頭のインタビューの中で、GLIM SPANKYを「天才」と呼び、TOKYO FM『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で、自らが選ぶ15年のベストシングル2位にその作品を選出。佐野元春はニッポン放送『大谷ノブ彦キキマス!』出演時に気になる新人としてGLIM SPANKYを紹介し、浅井健一も同様にInter FM『ALTERNATIVE NATION』出演時に気になる新人として紹介。

 さらにTOKIOの長瀬智也もTOKYO FM『NAGASE The Standard』の中で、そのGLIM SPANKY愛を語っているなど、名だたるアーティストをはじめとする多くの音楽、芸能関係者が評価。ブレイクの下地は臨界点まで高まっているようだ。

(コンフィデンス 16年7月18日号掲載)


■関連記事
> 好感度1位は「水曜日のカンパネラ」気鋭アーティスト25組を調査(16年3月28日号)
> ドリカムファン調査 世代を越えて生まれる共感(16年7月13日号)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top

Go to Page Top