ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > 特集

(2016/03/28)

好意度1位は「水曜日のカンパネラ」 気鋭アーティスト25組を調査


 オリコンのエンタテインメント業界誌『コンフィデンス』が気鋭アーティスト25組をピックアップし、オリコン・モニターリサーチ調査を実施。彼らの認知度・好意度、イメージなどを調査した。認知度・好意度ともに急速に拡大させている三戸なつめのほか、ブレイク直前を感じさせるアーティストも散見される結果となった。

 今回の調査で認知度上位に上がったのが、水曜日のカンパネラ、三戸なつめ、Little Glee Monster、BLUEENCOUNTの4組。このうち水曜日のカンパネラを除く3組は、2015年秋にも調査を行っており、それぞれ大きく数値を伸ばした。

 三戸は前回認知度全体で21.8%だったが、今回は42.5%と「知っている」割合が約2倍に。同様にLittle Glee Monsterは6.2% →16.5%、BLUE ENCOUNT3.4%→9.3%で、順調に成長しているようだ。また好意度上位は、1位が水曜日のカンパネラ、2位が三戸なつめ、3位がLittle Glee Monster。本調査では、それぞれのアーティストに対するイメージワードについても聞いた。

調査対象:全国10〜50代男女
サンプル数:4911サンプル
調査期間:2月22日〜2月29日
調査手法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

(コンフィデンス 16年3月28日号掲載)

『コンフィデンス』で認知度・好意度、イメージなどを調査した25組のアーティスト

「認知度・好意度」調査結果一覧

■関連記事
> ファンの満足度が高いライブハウス公演(16年1月18日号)
> 6つ子が愛される6つの理由(16年2月15日号)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top