ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > NEWS

(2009/08/18)

日本レコード協会、改正著作権法施行に向け、広報活動に注力

 7月31日、日本レコード協会は記者懇談会を開催した。今回の懇談会は来年1月1日より施行される改正著作権法についてのもの。今回の改正により違法なインターネット配信から音楽や映像をダウンロードすることは、私的使用目的であっても違法となるが、改正の趣旨と、違法音楽配信の現状について説明が行われた。

 違法音楽配信の現状について、レコード協会は「違法音楽配信が正規のコンテンツビジネスを脅かす規模に拡大していること」「違法サイトの利用率は10代が多く、利用者の多くは罪悪感を持っていないこと」などを協会独自の調査結果をもとに説明。また、違法サイトの実態についてのケーススタディも発表された。

 また、今回の法改正について、「ダウンロード違法化」を明記しながらも、個人に対する罰則規定がないことから、法改正の広報・周知の重要性を示しており、文化庁と関係権利者団体の合同で、連絡協議会を立ち上げ、政府・民間が連携して広報活動を行うことが発表された。

 このほか、日本レコード協会では今後も違法配信に対する監視や技術対策などを進めていくとしており、7月30日には、携帯電話向けレンタル掲示板運営事業者に対して、違法音楽ファイルなどの自主的な監視・削除を要請する文書を送付したことも報告された。

違法サイト推移

(ORICON BiZ8月17日号より抜粋)

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top