ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > マーケット動向

(2015/06/15)

柚希礼音退団公演が1位に [15年5月度月間ODSランキング]


『星組東京宝塚劇場公演千秋楽「柚希礼音ラストデイ」ライブ中継』(5月10日実施、価格は4600円(税込)、配給:ライブ・ビューイング・ジャパン/(C)宝塚歌劇団
(C)TAKARAZUKA Creative Arts


 5月度は生中継系が活況となり、TOHOシネマズだけでも、14作品が上映された。また、ジャンル別の内訳をみると、演劇・ミュージカル関連が6作品となっており、ODSとの相性の良さを窺わせる結果となっている。

 生中継系で首位となった『星組東京宝塚劇場公演千秋楽「柚希礼音ラストデイ」』は、宝塚歌劇のライブ中継としては、最大規模となる、台湾を含む全国45ヶ所の映画館のほか、さいたまスーパーアリーナ、宝塚バウホールにて、生中継を実施した(映画館・宝塚バウホール・台湾の映画館:約2万人、さいたまスーパーアリーナ約6000人を動員)。

 同ライブ中継の会場の中で、最大規模で行われた、さいたまスーパーアリーナでは、800インチの巨大スクリーンを設置。公演中は、ペンライトが会場を彩り、本公演さながらに拍手に包まれ、“サヨナラショー”では手拍子も。さらに、柚希の挨拶では各所ですすり泣く姿も見られた。

 また、ODS会場に向けて用意された開演前のオリジナル撮り下ろし映像や、ODS会場だけのオリジナルグッズの販売もあり、好評を博した。   なお、5月度の生中継では、同作のほかにも、演劇・ミュージカル関連作が活況を示した。2位には、ももいろクローバーZの舞台『舞台『幕が上がる』ライブビューイング』がランクインしたほか、TOP5内には入らなかったものの、2.5次元ミュージカル『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 ライブビューイング』や、SKE48の松井玲奈とAKB48の横山由依の主演による『舞台「マジすか学園」〜京都・血風修学旅行〜』の2作も好動員となっている。

・ TOHOシネマズ/ティ・ジョイ提供データに基づく
・劇場数はTOHOシネマズとティ・ジョイを合算したもの
・ランキングは該当月に上映された作品の動員数でランキング化
・「録画系」:コンサートやドキュメンタリー、舞台、スポーツイベント等を収録した作品
・「生中継系」:コンサートやスポーツイベント、ファンミーティング等を生中継した作品

(ORIGINAL CONFIDENCE 15年6月15日号掲載)


5月度系生中継系ランキングTOP5

■関連記事
> 東方神起が生中継系で1位 [15年4月度月間ODSランキング](15年5月18日)
> 映画館の音楽ドキュメンタリー上映 3年で約3倍(15年4月13日)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top

Go to Page Top