ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット分析

(2015/05/04)

四国の人気バンド「AIR SWELL」 地元愛が支持集める


hamaken(Vo&G)、hiromitsu(B&Cho)、Yudai(Ds)の3人組。4月4日より「MY CYLINDERs TOUR」を開催中

地区別セールス(表)


 四国出身、都内を中心に活動する3ピースのロックバンド、AIR SWELL(エアースウェル)のアルバム『MY CYLINDERs』が、4/6付総合アルバムランキングで57位にランクインした。

 AIR SWELLは、メンバーチェンジを経て、11年より本格的に活動をスタート。これまでにフルアルバム1枚とミニアルバム2枚をリリースしており、13年11月にはMY FIRST STORY、BLUE ENCOUNT、SWANKYDANKと共にスプリットアルバム『BONEDS』をリリース。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「COUNTDOWN JAPAN」「RUSH BALL」「MONSTER baSH」「Bowline」など大型フェスにも出演している。

 オルタナティブ、インダストリアル、ブリットポップ、エモ、グランジ、ラウドパンク、ヘヴィーロックなど、様々なジャンルを独自に消化したスタイルが特徴。彼らの魅力を、INNOVATOR マネージャーの原達平氏は、「一見、王道で骨太なラウドロックバンドだと思われがちですが、随所でR&Bやジャズを感じさせるメロディーを奏でるなど器用な面も持ち合わせています。そうした3ピースバンドとは思えないサウンドの深さ、音圧、ライブパフォーマンス、オリジナリティ溢れる楽曲が好評を博しています」と語る。

“バンド史上最高傑作”という本作は、12地区別ランキングの四国地区で24位を記録。地元での好セールスについて原氏は、「hamaken(Vo&G)、Yudai(Ds)が四国・高知出身だからでしょう。現在は東京在住ですが、ツアーの初日公演やワンマンライブ、自主企画イベントを四国で開催したりといった地元愛が、四国の皆様にも伝わってきているのだと思います」と分析する。

 今後の目標は「近い将来、四国で大きなフェスを主催すること」という彼らは、現在、本作を引っさげて全国ツアーを開催中。心のまま喜怒哀楽を剥き出しにした歌と、それを支える心地良いグルーブは、ライブでも3ピースとは思えない世界を見せてくれるだろう。


(ORIGINAL CONFIDENCE 15年5月4日号掲載)


■関連記事
> 入場規制を連発 関西で人気バンド“夜の本気ダンス”(14年12月1日)
> 欧州から“逆輸入”で日本デビューしたデス・メタル・バンド(14年10月6日)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top

Go to Page Top