ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > NEWS

(2009/08/05)

08年モバイル市場は前年比17%増。
電子書籍、アバター・アイテム販売が急速な伸び

 総務省は7月17日、「モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果」をまとめ、発表した。

 それによれば、08年のモバイルビジネス市場(コンテンツ市場とコマース市場の合計)は1兆3524億円。前年比17%増となり、近年の高い成長率を維持する結果となった。コンテンツ市場は4835億円で前年比13%増、通販やオークション利用料などからなるコマース市場は8689億円で前年比19%増といずれも前年を上回った。

 コンテンツ市場の内訳を見ると、「着うた系」の市場が1190億円となり、もっとも高い売上金額となった。このうち、着うたは483億円で前年比15.0%減となったが、着うたフルが前年比39.7%増となる707億円となり、市場を牽引している。また、コンテンツ市場の新たな主力へと成長しつつあるのが「電子書籍」。前年比78.7%増となる成長を見せ、売上金額は395億円に。「着うた系」「着メロ系」「モバイルゲーム」に次ぐ市場規模となった(「その他」は除く)。

 このほか、「きせかえ」市場(金額64億円、前年比178.3%増)と「アバター/アイテム販売(SNS等)」市場(金額157億円、前年比161.7%増)が高い成長率を記録している。一方、コマース市場の内訳では、「物販系」「サービス系」「トランザクション系」のいずれも10%以上の成長率を記録した。

 このように、依然として高い成長を見せるモバイル市場。昨年後半より景況が急速に冷え込むなか、09年の市場にはどのような影響が現われるかも注目されるところだ。

モバイル市場推移

(ORICON BiZ8月3日号より抜粋)

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top