ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > NEWS

(2009/07/29)

MySpace×PC、
ネット経由で配信楽曲のCDを作成できる「myspaceCD」スタート

 SNS『MySpace』を運営するマイスペースとポニーキャニオン(以下PC社)は7月13日より、MySpaceユーザーが有料で販売するオリジナル楽曲を、エンドユーザーのPCからCDに書き込めるサービス「myspaceCD」を開始した。利用者は初期費用や在庫なしでCDを販売できる。また、CD販売で人気が出た場合、PC社がプロデビューを支援するなど、アーティストの発掘にもつなげる。

 PC社とヴィジョネアが開発した、オンライン上で音楽CDを作成できる「CDクッキー」の技術を採用した。

 販売価格は、300円〜1万円でアーティストが設定。サービス利用の初期登録料や月額料金は不要だが、販売手数料として販売価格の50%が収益から引かれるほか、販売枚数100枚までだとサービス基本使用料として販売価格の25%が合わせて引かれる(101枚以上なら無料)。

 販売したいアーティストは、自身で販売登録を行い、楽曲ファイルをアップロードし、ジャケット画像やレーベル画像を登録する。今後1年間で、登録アーティスト2000組突破と、CD売上1億円を目標としている。

マイスペースPC

マイスペースの大蘿淳司社長とPC社の桐畑敏春社長

(ORICON BiZ7月27日号より抜粋)

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top