ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > OCTW

(2014/04/28)

Acid Black Cherryにみる「草の根プロモーション」の成果


47都道府県をまわる企画『Project Shangri-la』で新規ファンを獲得するAcid Black Cherry


Acid Black Cherryの12年以降のセールス動向

 Acid Black Cherry(以下、ABC)が新たに実施している『ProjectShangri-la』とは、新曲をリリースしながら全国47都道府県をすべてまわり、ライブやその県のメディアとの公開収録とハイタッチ会等でファンと触れ合う内容。全国を5ブロック・5期間に分けて、昨年8月の福島県を皮切りに、今年4月末までの9ヶ月間でホールツアー51ヶ所、ライブ52本、アリーナ公演も含めて63本というハードな企画だ。

 「ラジオ局など媒体の方々とも直接触れ合えたことで、写真では伝わりにくい本人の親しみやすさやキャラクターに好感を持って頂けました。その後も熱心に応援してくださり、パワープレイを頂いたほか、リクエスト数が増えたとも聞きました」(エイベックス・エンタテインメント/横山翔太氏)

 地方遠征する際は、公開ラジオ収録の出演やタウン誌のインタビュー取材といったプロモーションも織り交ぜ、効率的にABCの人柄や作品をアピールすることを心がけた。その細かな施策が実を結び、「イベントに10代女性や男性の割合が増えるなど、ファン層に変化が見られた」と手ごたえを感じているという。プロジェクト期間中に発売したシングル3作は、いずれも初回5万枚超え。また、最新シングル「君がいない〜」は「USEN1位を獲得できた」という。

 「全国の媒体の方々と組んだこの成果を次につなげて、次作アルバムでさらにファンを増やし、アルバム2作連続1位を獲得したいと思います」と横山氏。同プロジェクトは5月の東名阪でのアリーナツアーと、6月の国立代々木競技場第一体育館、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナでのライブをもって締めくくられる。
(ORIGINAL CONFIDENCE 14年4月28日号掲載)


■関連記事
> 音楽プロモーション・メディアとしてのイベントスペース(14年4月14日)
> 芸人による音楽イベント活況 その魅力に迫る(14年3月24日)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top