ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット分析

(2013/12/30)

幅広い層から共感、島倉千代子さんの遺作曲


「からたちの小径」島倉千代子/13年12月18日発売/1260円(税込)/日本コロムビア

 13年11月8日に急逝した島倉千代子さんの遺作曲「からたちの小径」が初動売上2.2万枚で、7位に初登場。初の総合TOP10入りで、87年4月発売のシングル「人生いろいろ」で記録した最高16位(89年2/20付)を上回り、24年10ヶ月ぶりに自己最高位を更新した。なお、演歌・歌謡ランキングでは自身初の首位となった。

 本作は歌手生活60周年記念曲で、亡くなる3日前にレコーディングされた作品。11月14日の葬儀・告別式では肉声コメントとともに同曲が流され、その直後からファンからの問い合わせが殺到したこともあり、急きょCD 化されることとなった。

 プロデュースを担当したのは南こうせつ。遠い日の恋の思い出を振り返りながら、消えない想いにひとり涙する主人公の気持ちを綴った内容だ。日本コロムビアA&R本部 副本部長 コロムビアレコード事業担当・蔵田佳隆氏は、メロディーや詞など、50代を中心に、幅広い層から好評価を得ているという。

「南さんプロデュースということに加えて、タワーレコードさんなどでもプッシュしていただいたこともあり、従来のファン層とは違う層からの共感も得たようです」。

 デイリーランキングでは、初日の初登場13位からじわじわと順位を上げ、12月20日のCX系での追悼特番放送後の土曜、日曜は2位を記録。「第55回日本レコード大賞」で特別功労賞を受賞するなど、話題も尽きないため、年末年始にかけていっそう売上を伸ばしていきそうだ。(ORIGINAL CONFIDENCE 13年12月30日号掲載)


デイリーランキングでは初登場13位から順位を上げ、12月22日には2位に/「からたちの小径」デイリー売上推移
■関連記事
> 日本語の美しさを再発見させたクリス・ハートのヒット(13年12月23日号)
> 女性ソロ歌手、ブレイクに必要な5つのカギ(13年12月9日号)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top