ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > NEWS

(2009/07/22)

09年上半期ゲーム市場は前年比75%に。ヒットタイトル不在響く

 エンターブレインは、09年上半期の国内家庭用ゲーム市場について、速報をまとめた。

 それによれば、上半期のゲーム市場規模は、ハード・ソフトの合計で2189.2億円、対前年比は75.6%と大幅な落ち込みを見せた。エンターブレインでは、「昨年上半期は、『モンスターハンターポータブル 2nd G』(PSP)をはじめミリオンタイトルが4本あったのに対し、今期は同規模のキラーソフトが出なかったこともあり、ハード、ソフトともに昨年を下回る結果となった」と分析している(上半期ソフト売上は右表参照)。

 なお、下半期にはソフトでは、『ドラゴンクエスト\ 星空の守り人』(7月11日発売予定)や『モンスターハンター3』(8月1日発売予定)、ハードではPSPの新型モデル『PSP go』(11月1日発売予定)といった有力商品が登場することから、市場に期待感が高まっている。


09年上半期ゲーム市場


(ORICON BiZ7月20日号より抜粋)

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top