ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > OCTW

(2013/11/25)

ロックに毒された男、感じるままの“和”を表現


雅をテーマにカバーアルバム『RESPECT U』を発売したダイアモンド☆ユカイ


11月20日に発売した、ダイアモンド☆ユカイの新カバーアルバム『RESPECT U』(税込3000円)ジャケット

 ダイアモンド☆ユカイが11月20日、カバーアルバム『RESPECT U』を発売した。“男が惚れる男の歌”というテーマで、選曲は渋めのラインナップ。昨年7月に発売したカバーアルバム『Respect』が好評を集めたことから、第2弾の発売に至った。

「前作は、“男が泣ける”がコンセプト。まるでジム・ジャームッシュの映画のような、渋くてかっこいい世界ができた。それに続く第2弾は、カラフルなものにしたかったんだよね。一方で、“男唄”というテーマも活かしたい。いろいろ考えていると、“それって雅だ”と感じたんだ」

 リード曲は、梅沢富美男の「夢芝居」。ジャケット写真は、東京・国立能楽堂を舞台に着物姿で挑むなど、随所に和の趣を感じさせる。

「「夢芝居」は、ギターのリフはロックだし、まさに和洋折衷の世界。ジャケットも雅をイメージしたよ。実は俺の祖父が能の先生なんだけど、一度も能を習ったことがなくて、和の世界を知らない。だって俺はロックに毒されているからさ(笑)。でもこの撮影のとき、何か感じるものがあった。きっと、祖父の血をしっかり受け継いでるってことなんだろう。そこで、自分が感じるままの“和”を表現していけばいいと思ったんだ。クレジットには、祖父の名前を入れてもらって、まさにタイトル通りのリスペクト。意味の深い作品になった」

 女性ボーカルの作品も、力強い歌声や生き様が伝わるパワーはもはや男唄。「落陽」「百万本のバラ」「恋人よ」など、歌謡曲やニューミュージックの多彩な楽曲が並んだ。

「カバーはモノマネではなく勝負。曲をどう料理するかのセンスが問われるんだ。オリジナルが一番なのは間違いないけれど、リスペクトしながらもどう自分色に染めていくことができるか。この挑戦だと思う。たとえば「ヨイトマケの唄」は、曲そのものに魂があって、そこに色彩が散りばめられているイメージ。だから色彩をなぞって歌いがちだけど、それでは美輪さんには勝てないんだ。俺だったら、まずは曲のいろんなところを削って、魂の部分だけを残してから唄う。だから今回は、ギター1本で一発録りしたんだ。一番困ったのは「愚か者よ」。ショーケンがあまりに凄すぎて、どう立ち向かおうか本当に悩んだ。こんなこと言うのはおこがましいけど、松田優作さんの気持ちがわかった気がしたね(笑)」

 デビューから28年経ち、いろんなものを俯瞰で捉えるようになった。

「長い間音楽だけをやっていると、次第に幅が狭くなっていく気がするんだ。そうなると、好きな人しか集まってこないよね。でも俺は、もっと多くの人に聴いてほしいから、テレビや舞台に出演していろんな表現をする。結局は好きなことをやり続けて、今を一番輝かせるために思い切りやる。それだけだね」

 ロック魂を持ち続け、常に挑戦をやめない。「ずっと歌が中心。何年経ってもずっと歌っているよ」と、真っ直ぐなまなざしで語ってくれた。

(ORIGINAL CONFIDENCE 13年11月25日号掲載)


■関連記事
> 野口五郎が発案、ライブの感動を持ち帰る「テイクアウトライブ」(13年10月28日号)
> 7年で約12倍に拡大、女性アイドルの音楽ソフト市場(13年9月30日号)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top